重度のうつ病からの生還、15年の記録

1 / 6 ページ

私の履歴書は、NYの投資銀行マン時代から、突然地獄の底へ突き落とされた記録になりました。


私は、ずっと「上昇志向」を続けて来ました。履歴書を見れば、本人の歴史がわかりますね。私も、採用面接に行くと、よく言われました。


「西條さんは、アメリカ留学して就職した頃までは、ずっと上昇志向だったけれど、そのあとが、下り坂ですね。」


正直言って、その通りです。


そんな経歴の中で、


この60歳までどうやって生きて来たか?


どうやって、回復したか?


そして、


どうやって、第二の人生を見つけたか?


その私の記録です。


私は、とても欲張りです。


ひとつのことが完成すると、次の課題を見つけます。見つけないと、「不安」なんです。いつも、何かに挑戦していないと、「こころが枯れる」感じがしていました。そんな性格の私に、ピッタリのものを見つけたのです。


それは、「サブリミナルテープ」です。


音楽テープなのですが、その曲の中に、音には直接出て来ない、あるメッセージを入れこんであって、その曲を聞き続けると、効果が出る仕組みです。


このテープは、アメリカで開発され、とてもいい評判でした。


たとえば、スーパーストアで流すと、『万引きがいなくなる』ことも結果として作ることが出来ます。


それは、「万引きしてはならない」というメッセージが、盛り込まれているからです。


このサブリミナルテープを購入して、学習意欲を高めたいと考えました。


日本に帰国してから、ゆっくりと勉強したと考えた私にとっては、いい相棒だと思いました。


私が選んだのは、「集中力をつける」というテーマのテープです。


そのテープには、聞く制限時間があって、毎日15分でした。


そのテープを聞いていると、本当に「やる気」が出て来ました。


そこで、「もっと聞けば、もっと効果がある」と感じて、


とうとう6時間も聞いていました。


毎日、毎日、6時間も・・・聞き続けたのです。


そして、ある日のことです。


頭の中で興奮した状態が、夜まで続きました。


そして、眠れなくなったのです。


脳の中が、いつも『目が覚めている状態』になってしまいました。


そんな日が、2日続いた翌朝、


私は、突然『ベッドから起き上がれない』状態になりました。


「起きたいと言う気」が起こらないのです。


目が覚めていて、体を起こそうと言う気がないのです。


ずっと、ベッドの中で、じっとしているしかありませんでした。


「どうしたんだろう?」


『気がないなんて、どういうことなんだろう?』


これが、これから始まる15年間のうつ病との闘いのきっかけでした。


その日は、そのままじっとして、ベッドの中にいました。


トイレに行きたいとも感じませんでした。


真っ暗な部屋の中で、夜を過ごしたのです。


翌朝になって、少し体が動くようになりました。そして、這いつくばって、電話機にしがみつき、友人に相談しました。


私は、友人から「気功の先生」を紹介されました。その先生から、遠隔操作で「気を入れて」頂きました。少しやる気が出て来ました。


それから、友人が言いました。


「虎ノ門病院に、心療内科という専門分野がありますので、そこへ行って下さい。」


虎ノ門病院という敷居の高い病院へ行くのには、それだけの重い病気なんじゃないかって、感じ始めました。


翌朝、元気を振り絞って、虎ノ門病院に行きました。


診断の結果は、


「西條さん、緊急入院です。すぐに、ベッドを用意しますから、準備して下さい。」


「そんなに、悪いんですか?」


「そうです、重病です。あなたをこのまま返したら、きっと自殺する恐れがあります。私の目の見える範囲におかないと、あなたの命を守れないのです。」


その言葉を聞いた瞬間、


「これから、どうなるんだろう?」


そう思いました。


急に、すべてが「全く違う方向」に走り始めた感じがしました。


「でも、入院だけはしたくないんです。」


「どうしてですか?」


「親には、内緒にしてもらいたいからです。」


「でも、私は医師として、あなたの命を守る責任があります。」


「先生のお気持ちは分かりますが、どうしても、通院でお願いします。」


そう言って、私は、通院をすることになりました。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。