第百四十八章 「星に願いを。ER 救命救急室」(2)

1 / 2 ページ

第百四十八章

「星に願いを。ER 緊急救命室」(2)

 

アメリカ人なら、やりたいことを一直線。日本人は、

「人は適当に勉強して、適当にサッカーをするのが正しい」

 と言ったら、

「はい。そうします」

というタイプが多い。私の指導させてもらってきた優秀な子たちは、そんな子たちではなかった。納得のいかない指示に従うはずがない。

「私はピアノのレッスンがあるから」

と言って、学年主任にクラブ免除を認めさせ、学校の課題は役立たないので提出しないと宣言し、授業は勝手に自分の問題集をやって、教師に口出しさせなかった。強烈な思いがあったら、そうなる。教師は認めたし、口出ししなかった。

  本気なら、教師だって受け入れる。人のひいたレールをなぞるのが人生なんていうのは、本気でやってない。マンガでも、声優でも、考古学でも、料理でも何でもいい。全人生を賭けて悔いのない対象があったら、

「どうすれば成績を上げられますか」

 なんて、質問をするわけがない。必死でやれば、次の課題は自ずと明らかになる。 

「あいつはエラッそう」

 とか、下らぬ誹謗中傷を気にするヒマがない。人生は短いのだから、価値のあるものに使いたい。

  志望校に合格するのも、そのために成績を上げるのも、しょせん道具を手にするだけのこと。

「あいつは、オレより3点上だった」

 なんて、全く無意味な会話だ。私が指導させてもらってきた成績優秀な子たちは、ちっちゃい子は少なかった。視線がずっと先に向かっていて、目先の1点や2点にこだわらなかった。

 そういう余裕が点数を上げる秘訣なんです。

 ところが、日本では少しでも変わったこと、目立つことをすると

「やめろ!」

みんなの読んで良かった!