第6章♡ホントは誰もが願いを叶えたいの♡シンプル&ミニマム思考行動実現

イメージ 1


12月31日から毎日紙袋二つに紙類を詰めて 捨て続けています。


とりあえず2月2日までやり続けると 紙袋60枚分で 果たし紙類を捨てきれるのか 定かではありませんが(*_*) 「捨てる」ことそのものが 目的ではなく 「紙類」が部屋で目につかない「すっきり感」を 体験すると きっと 気持ちが「何かしたくなる」気がして


と やってみての「副産物」は


やって気がついたこと


セミナー資料、金融資料、投資資料 プリント類、印刷物、手紙、書類、書類、ダンボール等


家の中は『紙類』だらけということ


そもそも何からの形で外から家の中に 持ち込んだから存在するのであり 自然に紙類が家の中で育ったわけではない ということ


そこで


郵便だったり、宅急便は 書類等紙類は基本玄関まで 必要なものだけ部屋へ


また自分が外から家に紙類は持ち帰らない 持ち帰ったとしても玄関に箱等置いておき いったんそこに入れて 一定期間読み返さなかったら玄関から捨てる


きっと9割がたほとんどが読み返さないはず


つまり玄関より先、部屋には持ち込まない 仕組みを作ること


その覚悟と「意識」がないと 紙類で家の中は自然に「あふれる」 そしてそれを片づける時間に貴重な時間を再び使うことが 人生の残り時間を考えた時に果たしてふさわしいのか


そんなこと考えながら 「紙捨て」をやっています



とりあえず 紙捨てが「快感」と感じ ルーティンとして「習慣化」する 一か月はたんたんと続けていこうと思います。


9割捨てることが理想ですが とりあえず7割捨てることで 紙類を目にしない「すっきり感」「清々しさ」を体感したく 笑





今年も好きな分野、得意な分野での悩みは、それもまた楽しo(^_-)O ・・・ですね。 今年もどうぞよろしくお願いいたましす〜♪

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。