向かっていく世界6

1 / 2 ページ

現実で迷えよってことになったはずなのに、また戻ってきた。まぁまなぶことがあるんだもん。
閉じこもっちゃうぐらいなら出す方がいい。
でも現実の壁はこえられない
調和を意識しない話し方ができるか 
適当になやまなくなるまでまつ
人間関係の中で思っときたいこと
人間関係の中で思わなきゃいけないと思ってること
つづけられるものをさがす
いつもの行動でいいからなにもしないのが一番まずい
おこられるけどさ
人生を犠牲にする。
苦しくなろうとしてるのに耐えられるやつなんていないから
自信って言葉にするからおかしくなるんだ
それなりにできること教えてよ。
見てるよりやるほうがずっと好きなんだけど、
日常から取り逃がされないためにずっとみてる。
魔法に頼らず自分に頼ってるときは充実してる。魔法に頼れず、自分にも頼れないときダメになる。
頑張れる能力も成長の差も変わらない。今人と比較してそのときの自分はずっと負け続けてるからかてないだけだ。
こどものときやれると思ったものはやれないものがでてきてもやろうとする
締めなきゃいけないようなやつは頑張れない。
今あるものの否定であるとか今ないものの催促とかは必要ない
今社会がどのようであるかを話す。
それをしゃべるのがひろゆきだ。
目の前が未来になることを理解しない。
人とお付き合いする生物であるという認識がなかった。その上でさらに仕事もしなきゃいけない。
やるだけやって無理なら無理っていうのが社会じゃない?
強制されなきゃ別に部活もやらないしね。
運動する機会なんてまずないよな。食う量減らす方がはやいけど。
特別、自分じゃない生活
二重役者
人間関係の中でいろんなカラーで見られるのが百変化みたいでたのしい。
ものをあつめる飾ることで自分をmakeする。
定年がのびるって歴史の引力が長くなったってことだよね。
考えに頼らずスポーツややることに頼りたいんだよね。
朝に自分を意識できるもの
だからそれを掃除することは労働にならないんだ。
色んな人と話すとそれだけわからない部分が増える。
自分のやってるものに関係するものに癒しを求めるのが一番手っ取り早い。部活帰りの駄菓子屋のおばちゃんでもなんでもいいけど。
たわむれ競争
喧嘩を待ち望んでる感がだいっ嫌い。親が望まないから怒りで表現したのに。
自分の性格を診るチャンスをことごとくのがしてきた。
人間をひとりの人物に見る見方が好きじゃない。
お兄ちゃんと独り言の喋り方が同じだった。ああ、おそろしや、おそろしや

みんなの読んで良かった!