Bride of Japan2015 コンテストを終えて 森山理映

1 / 3 ページ

2015年12月3日、Bride of the World Japan2015日本大会を無事に終えることができました。

まず最初に、無事に日本大会を終えられたこと、

そしてグランプリに選んでいただいたこと、

心より御礼申し上げます。深く、深く、感謝しております。


書類審査を通過し、ビューティーフォーラム、面接、ディスカッション審査などを

経てファイナリストとして選んでいただいた7月。

そこから約半年間ファイナリスト8人で手を取り合い、

色んなことを頑張ってきました。そして、事務局の皆様には日本文化に触れる機会、

ファイナリストの絆をより一層強くする機会を数多く作っていただきました。

日本大会が延期したということもあり、ファイナリストで過ごす時間も増え、

ファイナリストの絆が非常に強くなっていたため、

大会が終了しファイナリストとの時間もなくなってしまうことが寂しくて仕方ありませんでした。

そして、大会一週間前くらいから緊張と楽しみで眠れない日々が続きました。

私は人前に出ることが好きなので、

大会本番のステージが楽しみでワクワクする気持ちが大きかったですが、

もちろん不安もありました。


その不安要素は、“年齢”でした。

ファイナリストの中でも私一人が極めて歳下ということが自分にとってはコンプレックスで、

ウォーキング指導の先生からも

「経験値の少なさが出ている」

と指摘を受けたこともあり、どう改善すればいいのか毎日考えていました。


うまく答えを出せないまま大会を迎えてしまいましたが、

打掛とドレスを着てのリハーサルを経て、不思議と自信がみなぎってきました。

余計な不安などは捨てて、自分にしかできないことをひたすら考えていました。

その一方で、ファイナリストとの時間も今日で最後かと思うと寂しさはこみ上げる一方でしたが、

8人でこの様な素晴らしいステージに立てることに感謝し、寂しい

ではなく 幸せ と思う様にしました。


ファイナリストとしての第一回目の活動フォトセッションの際に

お世話になったメイクさんに再びメイクをしていただき、

「(グランプリの)ティアラをのせやすいヘアスタイルにしてくださいね〜!」

とメイクさんに対し冗談まじりに言ったり、

フォトセッションの時を思い出しそれと同時に色んなことを振り返っていた待ち時間でした。 

ヘアメイクが完了し、私だけでなくファイナリスト全員にスイッチが入ってきました。


本来ミスコンというのは少しはピリピリした雰囲気になるものですが、

bojのファイナリストはとても仲が良く、笑顔溢れる控え室でした♪


前回のグランプリ黒部菜々佳さんや金ヶ江悦子先生もいらして、

直前にアドバイスをいただきました。

みんなの読んで良かった!