同じことは「二度」聞いてよし

2 / 2 ページ

会社に損失を出した上、

上司を降格させたというレッテルも貼られ、居づらくなるのは当然でしょうからね



あの時の事は、思い出す度に、なんか、トラウマですね



二度聞くことは、悪いことじゃありません


さて、あなたに、この話の教訓を、少し考えて貰いたいのです


Aさんが、僕から叱られた事?

お客さん対応は常に気を張れって事?

会社に損失を出した事?

会社組織に居たら言い訳なんて通用しないという事?


これら全部、大正解です


ですが・・

今回、たったひとつ言わせてもらうならば

タイトルでもある「二度聞くことの重要性」に尽きます


二度聞いたら誰だってムッとした顔をします

確かにAさんの立場なら、上司である僕から叱られるのは嫌な事でしょう

僕だって叱るのは嫌ですし、出来るなら仲良く楽しく仕事していきたいですよ



ですが会社という組織で役職付きである以上、そうも言ってられないという現実だってありました



そこから改善しようとしたら・・ちょっとした事件もあったんですけどね^^;

(参照 「この人って怒ると怖いんだ・・」という謎の権威を相手に見せつける方法


だから、二度聞くのを戸惑うのも、分かります

だとしても、これは擁護でもなんでもないですが


もしAさんが、

どうしてもできないと困ると判断したんなら、叱られても聞くべきでした


結果から見ても分かるとおり、

出来ないと困るのは、会社であり、上司である僕です


Aさんは自分の身を守るつもりで聞かなかったのに、

会社を去ってしまう事となりました


自分を守るつもりが、結局自分の身すら守ることができなかったんです



あの時Aさんが聞いていたならば、違う結果も待っていたかもしれません



そして、僕が最初「同じことを繰り返し聞くなよ!」

みたいに言わなければ・・ 結果は、どうなっていたんでしょうかね


今また、思い返します

あの時の僕の指導が悪かったのか

Aさんが聞き直さなかったのが悪かったのか


それも、今になっては過去ですけどね


ですがもし


今後に活かせる事があるとすれば、それは

絶対に「同じことは言わない」ということです


絶対に

「同じことを二度聞くな」なんて事は、言ったりしません


絶対に「何度でも聞いてくれ」

という事を、言わせていただこうと、心に誓いました


二度も三度も四度も聞け!


現在、ビジネスの情報発信的な事をいろいろやってるので、

ツイッターやyoutubeを通して僕に質問をして来られる方は結構います


「稼げません・・」とか「記事を上手く書けないです・・」とか

「今の◯◯業界って、どうなんですか?」とか


聞いた瞬間さようならって人も居ますが・・


ネットビジネスは、一口に言っても

色んな収益ジャンルがあり、流行り廃りやデマや誠なノウハウなど

いろんな情報が溢れています


そんな「魅力的」な情報が沢山あるネットビジネス業界

初心者さんが一度聞いただけで理解出来るハズないですし

聞くのを怠り、それで失敗して困るのは自分です



聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥なんです

著者のジュン カタオカさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。