パートワーク

創刊号特別定価 390円。 通常定価 1,190円。

総額約11万円で戦艦大和が完成。

元々は地図研究所だったデアゴスティーニシリーズの一例。記念すべき第一弾はマルコ・ポーロの「東方見聞録」のイタリア語訳である「イル・ミリオーネ」だったとか。

全て集めて始めて完成するあるものを、パーツに分けて定期的に販売する販売方法を「パートワーク」と言うそうだ。

段々完成していくワクワクドキドキ感 一度始めたらやめられない意地

人間の心理を巧みに組み込んだ販売戦略である。

7つ集めたら願いが叶うドラゴンボールとか、火、水、土、風の4つのクリスタルを集めて敵を倒すゲームとかに通じるものがある。

さて、完成まで数百万かかると言われ、毎月数万円を必死こいて払ってきて突然、「全部払っていただいても完成しないかもしれません。悪しからず」と言われた「パートワーク」が年金制度と言えるのではないか。

少子高齢化の進行、労働人口の減少。

打つ手がない中、日々際限無く膨れ上がっていく国の借金。

年金制度は、我々の将来はどうなっていくのか。今個人として何をしておくべきなのか。

願いを叶えるドラゴンボールのような解決策を願うのか。

それとも木、水、土地、金を集めて立ち向かうのか。

定期的に届く「年金特別便」というパーツの先に、我々を守る「戦艦大和」は存在するのか。

ワクワクはしないが、ドキドキはする。

みんなの読んで良かった!