錬金術

貧乏だった幼少時代 先輩のシゴきに耐えた部活動 徹夜で取り組んだプロジェクト

当時は苦痛でしかなかったことが、振り返ってみると幸せや達成感に変換されることがある。

幸せの材料は、「幸せな時間」だけではない。

その昔、黄金に魅せられた人々が、身の回りの物を黄金に変えようと躍起になった時代があり、ここから「錬金術」という言葉が生まれた。

この錬金術では黄金は生まれなかったようだが、人間には鈍色の艱難辛苦を、輝く黄金の思い出に変える、「思い出の錬金術」とも言うべき能力が備わっていると思う。

今、辛かったり大変だったりしたら喜んでいい。

それはきっと幸せのカケラだから。

著者の鎌田 隆寛さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。