ワンコインランチに思う。

1 / 2 ページ

今ではすっかり定着したワンコインランチ。

これを考えた人はすごい。学生やサラリーマンのお財布の救世主である。


何年か前のことになるが、ママたちのランチの幹事になったことがあった。

ちよっと改まった昼食会という趣旨のランチだったので、ゆっくり落ち着けて美味しいお店がいいかなと色々考えた。

そして7名分の座席を確保するべく、馴染みのお店に連絡したのである。


「uniさん、1000円の予算ならステーキに刺身に小鉢に茶碗蒸しなんかもつけて出せるよ〜。」


お店の大将がそういうのならと、
「じゃ、1000円のでお願い!」
そう言って予約したのだった。


たまたまその電話のやり取りを横で聞いていた母が言った。


「ねぇ、uniちゃん。ママさんたちのランチに1000円って大丈夫?」


「えっ?1000円でステーキに刺身に茶碗蒸しやら付くのに。安くない?」


「いや、悪いこと言わへんわ。1人800円にしときなさい。」


800円のランチなら文句は出ないが、1000円超えるランチになるとしんどい人もいると母は言ったのだった。


ここで、「たかが200円」と思うか、「200円も高い」と思うか。


この感覚は人それぞれなわけである。


家計が厳しい中でも、お付き合いのランチをたまにはしておこうと考えている人もいるかもしれない。

それをちゃんと頭に置いておくのは大切なことだよと母は私に言ったのだった。


今は退職したが、私は長年フルタイムで仕事をしていて、娘2人を保育所に預けながらの育児だった。

ちょうどワーキングマザーという言葉が雑誌やネットに登場しだした頃である。

よって、家で懸命にやりくりしたり、思い通りにならない一番手がかかる時期の子どものお世話に一日中追われる子育ても経験していなかった。子育ての半分は保育園の先生方が助けてくださった。


皆が自分と同じ感覚だと思うことは大変な驕りであり、失礼なことだという、そんな当たり前のことさえ当時はわかっていなかったのである。


「えー。もう1000円ランチ予約してもたし。じゃ800円ずつ集金して端数のお金は私が支払うようにするわ。」


そんなこんなで当日を迎えたのである。


「わぁ~!すごい豪華‼︎嬉しい‼︎」

みんながそう言ってくれたので、ホッとした。美味しくいただき楽しい時間を過ごした。


会計するときになって「じゃ、1人800円ね。」と言うと、私以外の5人のママが1000円札を一枚出した。

たぶんそうなると思っていたので、お釣りの100円玉をたくさん用意していたのだった。

みんなの読んで良かった!