第百六十章 いい人でなんかいられない!

1 / 3 ページ

第百六十章

「いい人でなんかいられない!」

 若い頃は、自分の失敗は自分が引き受ければすんだ。しかし、自分で塾を開いて土地を買って塾の建物をたてる時にそれでは済まないことを知った。若造に融資してくれる銀行などない。だから、親の土地と建物を担保にしてもらった。

 もし、自分が塾経営に失敗したら親の土地も建物も取り上げられる。路頭に迷わせることになりかねない。利子も含めて億の単位のお金を背中に背負っただけでも重いのに、

「えらいことになった!」

 と思った。

 子供が生まれた時もそうだ。もし、自分が破産したらこの子供たちが食っていけない。生きていけない。小学校、中学校にあがった時も

「もし、自分が倒産したら子供たちが同級生からイジメられるかも」

 と必死の思いが募った。

 だから、英検1級にも挑戦したし、京大を7回受けたし、コンピューターの操作にもチャレンジした。英語だけではなくて、理科、社会も勉強した。高校生の英語も数学も勉強した。やれることは何でもやった。

 そのための時間を確保するため必死だった。寝る間も惜しんだ。どんな細切れの時間も有効に使おうとした。だから、アポなし訪問は迷惑だった。

 そんな時に、月謝の督促や、壊された備品の修理や、クレーマーの保護者の応対をすることは、本当に時間の無駄に感じられた。今は真面目な生徒たちばかりなので、そんなムダな時間がなくなったので助かっている。

「A問題集とB問題集とどちらがいいですか?」

「朝型勉強と夜型勉強とどちらがいいですか?」

「何を食べると受験勉強のためにいいですか?」

 こういう質問も苦痛だった。どうでもいいことだからだ。そんなことは、どちらでも大差ないし、自分でやり始めないと分からないのだ。相性があるから。

「払った月謝だけ成績をあげろ!」

「娘が帰り道でスカートをまくられた。何を教えているんだ」

「てめぇの塾なんか潰すの簡単だぞ」

 このような保護者の相手をするのは、全く時間の浪費だった。

 私は学生時代に受験勉強をする過程で、こういう時間の浪費を自分の生活から徹底的に排除する癖がついていたので、

みんなの読んで良かった!