向かっていく世界10

1 / 2 ページ

そうあるべきなんだろうけど、そうなるべきなんだろうけど、
退屈だぁ〜。魅せられてる方がよっぽど楽だ。動かねば周りが動かんとは。
よくこの社会で頑張ろうと思えるな。だからこそ結婚だの女だのに振り回されるのか
しがみつくスポーツ精神みたいなものがないな。スポーツしないし、認められたいとも思ってないしな。彼女にしたい!とか思うと違うんだろうけどね。
諦めるのが一番手っ取り早いよ。仕事ぐらいはしてさ。
しがみつく思い出がないし、しがみつこうと思っても、もうすぐ離しちゃうもんな。だっていらないもん。
自分の歴史ありきの生き方だからな〜。
土日なんて会う予定がないもん。
誘ってまで行きたい場所もないし、相変わらずだらだら話したいだけ。
初対面の同世代(若い人)と世間話したい。でも関係つくるのめんどくさい。
自分の生活の中で手の出せない割合が増える。
自分は何がしたいですか?って言われたらさあとしかいいようがないんだよね。だってめんどくさいじゃん
高める技術って発想がないんだよね。
認められる行動かどうかしか考えてない。
毎日が地続かない。
だから歴史がある。で、それが自分の証明?なんか、アホみたいだな
その論理に人が入ってない。
だって人として扱うと面倒臭かったんだもん。
今すぐできるけど、歴史が浅くてひっくり返ると思う。んだよね。
そんなに目指さなきゃいけないもんかな。
グループ交際は頑張ったら、このままでもいける。
物を扱うのが嫌になったのは、お兄ちゃんのせいだ。
食べ物に積極的でなくなったのは、お姉ちゃんのせい。
変えてくれるのは物じゃない。変えられるのは自分だ。
お金使ったらなくなっちゃうじゃん
やっぱり資質の問題だなって言いたくなるお出かけでしたよ。
ある程度持ったその自分の価値観は揺るがさない方がいいですよっと思った話でした。
外から見れば揺るがした方がいいんだろうと思うことの方が多いけど、現実、査定してくれるのは今だけですからね。のんびり未来なんて言ってられないわけですよ。会社は
そういう意味で、社会に査定してもらえるかってことで最初は低姿勢なんでしょうね。
現実でつながってはいるけど、プロとアマチュアの差がありますよっと。
スポーツの思想に引退はありませんよっと。
この家族は、教育失敗っていうのは事実なんじゃないですかね〜。
家でこうなってるのが許されてるっていうのが目に見えてるうちは。
可哀想なやつは、可哀想なやつなんですよ。
まんじゅうこわいっていうけどそのまんじゅうがおそってくるのをみたことがないっていうね。
好きなことをほかのことを否定せずに言うのって案外難しいんだね。好きなことで自分を表現しようと思って気づいた。
現実でものとなる価値をもっていない。
誰でも好きになれて挑戦せずとも好きでいられるそんな趣味しかもってない。
お金を払って得る感覚が希薄化しているし、人の人柄に価値を見出すことはなんだか気がすすまない。
その人といるのにお金がかかるキャバ嬢的な感覚は第三者的なところが薄い気がして気がすすまない。
人を見る目というか、その人がプラスになるかどうかがわかんない。
考えてはいないんだろうか。信頼つなぎゲーム
親の求めてることはそんなに期待されてることではなかった。そんなにこだわりもなく、ただ叶わなければそれで抗わない。やる気あんのかとこちらが言いたくなる。どこで大人になってんだ。あの人らは。
こんな考えなんだろう、ずっと僕は
それで生きていけるならそれが相応しい
ストレス解消が欲しいのであって、贅沢がほしいわけじゃない。
これは今の親世代の裕福さとインターネットの普及の恩恵なんだろうか。
インターネットが金がないと使えない制限制になったら変わるんだろうな。
じゃあ親の資産である家だとかそういうのがない、次の世代っていうのは今の世代ほど無欲ではなくなんのかもね。
今の子は、貯蓄なんて大してしないだろうし、いやもしかしたらだからこそ貯まるのか。う〜ん小銭に消えそうな気しかしない。
コンテンツをつくることと受けることと変わり続ける社会をもとめること
こうなりたい目標像とそうやってできあがった自分の像への人からの標榜
新しい趣味をみつける時間がないほど。
実況者も役者なんだと思った今日
「時かけ」にしろ、「化物語」にしろあこがれの世界に住みたい。
想像は困難であるってのは嘘だ。
想像はできるが言葉にして周りを納得させることができないが正解でそれがわかった上で賢い決断としてそのことを話すことが腹立つ。
そして言われないことがその非日常性を醸し出し、またそうであるべきとする姿勢につなげている。
裁判の制裁の意味がわかんない。
わかんないんだよね。その襲われた重みとかいうのが、仲間だなんて言いたくはないけど。
みんなが信じた立ち位置なんならそうなんだろうな。っていう
自分の世界と社会の世界は別で、自分の世界は守らないと崩れてしまう。だからずっとみてる。
頭いい人ってほんと何考えてるかわかんないよね。
話す直前まで考えてそうだし、わかっていなくても進めていそう。
常に最先端であるべき
技術の開発ってのは元々、進化を基にしていて、実用を軸に考えていたものじゃないのか。
その開発こそが成長を、戦後を、支えてきた。って
じゃあインターネットってそんなすごかったのかって思うと微妙だよね。
バカは食品業界に集まればいいってことでもないのか?
知識じゃない情報が大量に圧倒的に得やすい場所にある。
人情だけじゃ革命は起こせない。
触れる場所が正しいかどうかはあんまり関係ないんじゃないかな。
わかる人ってのがいて、それができる人が断然少ないんだよね。それがなんで勉強会とかセミナーになるわけ?
自分のことなんて誰かがみていてくれるぐらいでちょうどいい
何の役にもたたない維持の生活をきみにおくる。
今の生活が維持されるならずっと目の前を見ていたい。
新聞を読むっていうのはそういうことか今の幸せ
幼馴染と言える存在がいなかったことがけっこうあるかもしれない。
終わったのにいる。
軸自分
意味のある時間と言われたら人間は失われると
欠損がひどい。
たよってないな
ひゃくいたらだいたいすべる
友達がいてもいなくても同じだったような気がした。
つながってるようでつながってないぐらい。
友達と仕事ってつながらんな〜。友達が仕事関係ならあるんやろうけどな。
単事象で説得ができない。説得の定説
僕じゃなきゃ楽しくないこと。
結局、演じることになるんじゃないか
無限遠に開放して。
自分がほしい状態をまわりに演じ続けてもらう。
こころまで尽くすような自分を知ってもらえる状況はないけれど、
結局自分を真に知ってもらおうとはしていない。
フィストなんかは満たされそう
でも所詮人間関係を超えないんだなって思ったりする。
趣味って深くないな。
文明が進化しても、研究が進化していない。研究の進化はわからないけど、もう困らない程度に僕らのまわりに不幸な人が見当たりません。
格差化なのか孤独化なのか
家族といるなんて夢みたいで気持ち悪い。
外と家がつながらない
いろんなところがつながらない。
およそ猫よりも下だと思ってたんじゃないかな。うち猫とか飼ってないけどさ。
ストレッチは、緊張しちゃあいけないんだよね。ゆっくり呼吸していつものポーズだと思って
還るべき場所だと思って
しあわせはすぐうそをつく。もうだまされない
泣き声とか気持ちの吐露の音源がいつでも聞けるときっといいな。誰の声でもいい。
であえないことも増えてくるだろうから。
こたえなんてこの世にないんだから。どれだけ信じられるか。人によるけど信じてバカにされないか、じゃないのかな。
これって声優の職なくなる?そんなことないか。
物語が大事だって人もいるしね。
部屋に友達が来たことがあるかどうかも
大人の証がこどもねぇ。いいんじゃないかな、しあわせそうだし誰か首絞めなきゃいいけど
アイドルっていうのはそっとずっとゆがむんだろうな〜と思った今日でした
僕に向けてしゃべってくれてると思うだけで、ね
親がいってるから絶対なんだろう
そう簡単に思える自分がいて、ちょっとやっぱりなって思った。
年齢であせる
年齢でしなきゃいけないことが増えてる気がする人
もう内側のはなしじゃない

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。