日本では絶対味わえなかった、心を通わせる、アンドリューの話。

3 / 7 ページ






ふっかふかのベッドと、1つの部屋に、シャワー室とトイレもあった。え、これって当たり前なの?いや、裕福なおうちなんでしょうよ。





アンドリュー
コマったことがあったら、なんでもいってクレヨ!
お前と俺はとーもだちだロウ?
うん、ありがと!

・・ありがと。





今日は疲れたから・・・というか、怒涛の旅程で、先に寝かせてもらった。だけど、正直考えることがたくさんあった。











(ちょっとは、空気読んでくれ・・)







疲れもピークだったこともあるけれども、僕はなんとなく、日本人独特の「間」がないところに正直、嫌気がさしていた。








もちろん、お母さんにもお父さんにも、良い顔を見せないと・・と思っているんだけれども、アンドリューには不思議なもので。







なぜかそういう、自分の心の中にあるストレートな表現も、自分の中からスルスルと出てきてしまうのだった。







2.インファイター・アンドリュー



ホームステイの期間が終わり、今度は、大学での、約2週間のプログラムが始まった。午前中は英語の習熟度別にレッスンを受けて、午後はアクティビティーをするって感じ。






ルームメイトと仲良くする顔を合わせる機会も多いし、これからは、一緒に同じ部屋で過ごす。アンドリューとはキャンパス内で、頻繁に会っていた。






アンドリュー
ユズル~と、ボクはLove Loveなんだぁ~ケッコンするんだよねー!
もーうっさいって!もう、やめろってば!






周りのみんなは、うちらの掛け合いによく笑っていた。僕は恥ずかしかった。下ネタもよく言ってたっけ。





友達
アンドリューとジョーは、本当の兄弟みたいだね!






そうそう。僕はアメリカのみんなにも呼ばれやすいように・・と、「ジョー」とニックネームをつけていた。






だからみんな僕のことは、ジョーって呼んでいた。でも、なぜか、アンドリューだけは、僕の名前をそのまま「ユズル〜」と、呼んでくれていた。







アクティビティーも終盤にかかってきたある日のこと、慣れない言語と、ずっと一緒にいるメンバーとで、楽しくはあるけど、正直ストレスを感じていた。






そして、アンドリューに対して、言葉がもれてしまった。




もう、アンドリュー!!空気読めない!



イライラして、思わず爆発してしまった。





アンドリュー
空気読めないってナンダ?
ああ~難しいな!コミュニケーションが取りづらいってこと!





著者の西勝 ユズルさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。