失聴経験 2私は母親と同じじゃない

1 / 3 ページ

前編: 失聴経験 1診断結果
後編: 失聴経験 3初めての補聴器

 


私は人間ができていない。その日、母親のことを心から恨んだ。

遺伝したことに対してもそうだし、母親の後退的な生き方も全て嫌で嫌でたまらなかった。


私は父、母、妹、自分の4人家族だ。母親が聞こえなくなったのも成人してからだった。

私が子供の頃の記憶なんて楽しい想い出なんかない。

母親は私が家にいる間中、現実を受け入れられない弱い人間だった。毎日のように


「お母さんは聞こえないのに、どうしてみんな分かってくれないの?」

と近所や職場であった出来事を、これでもかこれでもかと言う程、悲観的に訴えてきた。


そして母親は何度も自殺未遂を繰り返した。

今、客観的に思えば本気で死ぬつもりがないから、何度も中途半端なこと繰り返したのだと思う。

「自分はなんて可哀想なのだろう。」

と周囲の注意を引くために繰り返したのに違いない。その度に家族中がいつも振り回され、情緒不安定にさせられた。



私がもし生と死の淵に立ち、自分で確実に死を選ぶのであれば、それを他言したりはしない。

そして絶対に成功すると思うやり方で、最後まで貫き通すに違いない。

(今はまだ自分から死にたいとは考えられない。私の中に叶えたい夢があるから。

例え完全に聴力を失ったとしても、私は生きたいと思うだろう。)


「今、死と向き合おうとしている人」や、「以前、死の淵へ立とうとした人」は、私の考えがキレイゴトに過ぎないと思うかも知れない。

けれども私は既に小学生の頃、自殺を図っている。

当時は幼かったし、鍵のかかる自室などなかった。首に紐を巻いている所を発見され、あっけなく殴られて終わってしまったのだけれど。



母親のことばかり書いてしまったが、父親はどんな人なのか?

世間的に言えば外面ばかり良い人間だ。私は物心ついてからあの家にいる間中、両親に虐待を受けていた。

ある程度の年齢に達すると母親は暴力を私に向けなくなったが、父親の暴力は私が家を出るまでずっと続いた。


「お前がいるから、この家は不幸なんだ。」

「お前なんか殺す価値もない。」

と言われ続けたことは、今でも忘れられない。


一時期は私も盾をついて

「くそじじい! くそばばあ!」

と反抗した。けれども所詮、大人の男の力にはかなわなかった。

私があの家にいる間中、父親は母親と妹には一度も手を上げなかった。

私だけがいつも殴られ、足蹴りされ、暴力と暴言を浴びせられていた。

父親はいつも私のことを「くそ」「デブ」「バカ」「ブス」「死ね」などと呼び、罵っていた。

みんなの読んで良かった!