インドの洗礼 その2 −鉄塊−

空港の出口へ向かう。

すれ違った警備員が肩に下げたごっつい銃を見て、

ああ、ここはやっぱり日本じゃないんだなと実感する。

薄暗い空港から、容赦のない太陽が紫外線を投げつける外へ。

トンネルを抜けると、そこは混沌だった。

恐らく両替所近くの小窓からこちらをうかがっていたであろう「ヒナ」の集団が、大挙してこちらに突撃してくる。

「あ、これヤバイ」

と思う間もなく、芸能レポーターに突撃取材される芸能人の如く、取り囲まれる俺達。

「どっからきたんですか!?」

「これからどちらへ!?」

「今のお気持ちは!?」

「何か一言!」

早口かつ、強烈な巻き舌のアナウンサーばかりなのでよく聞き取れなかったが、こんな内容に近いことを叫んでいたのではないか。

ドサクサに紛れて、何人かの子供達にも洋服を引っ張られていた気もする。

取り巻かれてみて分かったのだが、みなタクシーの運転手らしい。

必死で「タクスィタクスィ」と自分の車の方に誘導してこようとする。

「ノー!ノー!」

「もうタクシー予約してるから!」

ゴルフの練習場で、理想的な環境で落ち着いて打つのと、

実際のコースに出て、坂だらけ風だらけの環境で打つのが全く違うように、

駅前留学であれほど口をついて出てきた英語が、

実際の現場では息を潜めたかのように、全く出てきやしない。

爛々と目を光らせたヒナ達のボルテージが、段々上がっていく。

怒鳴り声にがなり声が重なり、もはやそれはただの喧騒と化していた。

ドン引きしている友人達と群衆に揉みくちゃにされ、本能的に身の危険を感じる。

早いところ、プリペイドタクシーにたどり着かなければ。

執拗な追跡を振り切り、マンション経営ばりの勧誘の魔の手をかいくぐり、モーゼの如く人波を断ち割って、なんとか目指す車両のナンバーを発見。

それは、タクシーと呼ぶにはあまりにも凸凹すぎた。

黄色く

いびつで

薄汚れ

そして大雑把すぎた。

それは正に鉄塊だった。

なーんて「ベルセルク」のオープニングを思い出すほどの年季の入りよう。

ガチョッ

バチャン

およそクルマに乗る時に聞いたことのない音を立てて、その黄色い鉄塊に乗り込む俺たち。

と、ムッとした熱気に包まれた。

たっぷり太陽の熱を蓄積した車内は、さながら予熱が完了オーブン。

そう。我ら「カモネギ」のたどり着く先は、オーブンだったのである。

「コニチワ。トモダーチ」

バックミラー越しに、白い目と白い歯をひん剥いてニカッと笑う運転手と目が合った。

それは、視線のレーザービームだった。

続く

著者の鎌田 隆寛さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。