失聴経験 4耳の状態 ①「聞こえない」って何?

1 / 2 ページ

前編: 失聴経験 3初めての補聴器
後編: 失聴経験 4耳の状態 ②耳の症状

「聞こえない」定義について


聞こえの程度を表す単位は前述したようにdB(デシベル)と言う。

現在、日本の聴覚障害基準では下記のように定義している。


0~25dB   健聴(普通に聞こえる)

25~40dB  軽度難聴

40~70dB  中度難聴

70~90dB  高度難聴

90dB以上  重度難聴(ろう) 




※両耳の聴力が70dB以上が聴覚障害者となる。


「デシベル」って何だろう?

聴力を表すデシベルの意味は、20dBごとに音が10倍増加する。

つまり 40dBで100倍増加、60dBで1000倍増加、80dBで10000倍増加することになる。

例えば40dBの人は健聴者と比べ聞き間違いが100倍高いと言える。

(40dBが補聴器装用の一つの基準となる考え方がある。)




※画像はBloomなの花店様より掲載許可を得ております。

http://www.bloomhearing.jp/ja-JP/Stores/chiba/chiba



こんな言い方をしても上手くイメージできない方もいるかも知れない。

私自身、母親が聞こえないのにも関わらず自分が当事者になってからやっと認識した。


「聞こえない人」は、一般的な言い方では「ろう者」と「難聴者」に分けられる。

「ろう者」は補聴器をつけていないので、主に手話や筆談等がコミュニケーション手段である。

「難聴者」は大抵補聴器をつけていて、相手の努力も要するが会話ができる。もちろん手話も活用するが、私のように人生の途中で聞こえなくなった人は、難聴であっても必ずしも手話ができる訳ではない。筆談も活用する。

現在は口の形を読んで会話のできる「ろう者」もたくさんいるので、安易に定義し区別するのはナンセンスかも知れない。



≪補足≫

「聞こえない人」の分類


①「ろう者」

先天性(生まれつき~3歳頃)言語獲得前に聞こえない人。第一言語が手話。聴力損失レベルが重い。(100dB以上)

みんなの読んで良かった!