第百六十八章 謎の記号の解読に30年を費やす

第百六十八章

「謎の記号の解読に30年を費やす」

 

私は北勢中学校で初めて英語を勉強し始めたとき

「いつか英語がペラペラ話せるようになれたらいいなぁ」

 と思った。階段のように登っていけば、いつかペラペラになれると信じていた。

その後、受験勉強を頑張って四日市高校、名古屋大学と合格したのだから受験英語では上位のはずだった。

ところが、全然英語が話せるようにはならなかった。

 

When I began to study English at Hokusei JuniorHigh School, I thought

“I really want to be able tospeak English well someday.”

  I imagined there was a ladder in front of me and I could reach my goalwith going up step by step. 

I passed the entrance exam to Yokkaichi SeniorHigh School and to the University of Nagoya. 

 

 

私が京大英語8割、数学7割までにしたことを知りたい方は

http://storys.jp/100002507170434

京都大学

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja

 

ECCに通っても、大学の語学センターに通っても、リンガフォンをやってもダメだった。それで、

「もうやれることは留学しかない」

と思い、アメリカで1年間中学教師をやっていた。そこで何をしたかは、Youtubeや他の記事に書いておいたので省かせてもらうが、とにかく帰国後に英検1級に合格した。

つまり、夢見ていた「英語ペラペラ」が実現した。

ECC and Lingaphonewere useless for me to master English. So

“What I can do isto go abroad.”

  That’s what I thought.  That’s the reason why I went to the U.S. tostudy English.  After coming home after 1year, I passed the 1st stage of Step Test.

 

 

 

 

東京大学
http://www.u-tokyo.ac.jp/index_j.html

 最初に英語を見た時の感想は、エジプトの象形文字を見た時と同じだ。

「この記号の羅列が文字なん?」

というもの。その同じ感覚を数学のわけの分からない数式を見た時に感じた。

「この記号の羅列が意味を持ってるらしい」

だから、私にとっては英語も数学も“謎の記号の解読”という点では同じだったのだ。

こちらは、四日市高校の2年生の時に挫折した。17歳で挫折して、再開したのが30年後の40代だった。文系に進み、英語講師をするために英語ばかりやっていて

「もう一生数学に接することはないだろう」

と諦めていた。

    When at first I saw English words, they lookedlike hieroglyphicwriting. 

“Are these signs words?”

I had the same kind of feelings when I at first saw the advancedmath signs.  So English and math were amystery for me. 

English was O.K. but math was too difficult for me to understand atthe age of 17.  So I had studied onlyEnglish to become a teacher and started to study math after 40.

名古屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

 

なぜ再開することになったのかは、やはり動画や他の記事に書いたので割愛させてもらう。とにかく、オリジナル、チェック&リピート、1対1、赤本をそれぞれ2周以上やったら

「国際科の京大受験生が来ても大丈夫かな」

と思えるようになった。つまり、「数Ⅲ」までの数学なら指導可能になった。センター試験10回、京大を7回受けた後のことだった。

それだけやれば、大抵の人は高校レベルの数学が身につく。

The reason why I began to study math again waswritten in blog.  Anyway, I sat for センター試験 10 times and 京大二次 7 times.

 

四日市高校

http://www.shiko.ed.jp/

 

  北勢中学校の頃に夢想していた

「英語がペラペラになりたいなぁ」

  とか、四日市高校の頃に夢想していた

「数式を自由に操りたいなぁ」

  といった夢が現実になっている。

  私の塾生の子が3年でマスターすることを10年以上かけてやっているわけだから、威張っているのではないことは分かってもらえると思う。

  ただ、私は

「才能が無くても継続するとマスターできる」

  と言いたいだけだ。

  My dreamto speak English and to use math signs freely came true.  But I don’t intend to say I am smart.  My smart students do the same things in 3years.  I spent 10 years. 

  What I’d like to say is that even people whoare not talented so much can make it if they determine to do it although itwill take much time.

 

旧帝合格者数(四日市高校、定員360名)
           H27 H26 H25 H24 
1、北海道大学  5  10   2    7 
2、東北大学    0   1   3   2  
3、東京大学    9   2   3   3 
4、名古屋大学 37  25  17  30  
5、大阪大学    8   6  17  20 
6、京都大学   12   8  16   10 
7、九州大学    3   1    1   0 
     合計   74 53   59   72 

 

大学偏差値ランキング

https://manabi.benesse.ne.jp/univ/search/nanido/

京大の過去問

http://kyodai.kawai-juku.ac.jp/countermeasure/problem/

 高木教育センター

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。