高3の夏、両膝を手術するのに入院したら、友達になった女の子の人格を変えてしまったようです

1 / 3 ページ

両膝の半月板が、本当に半月だったので手術した

あれは中学二年生の頃。

膝を曲げる度に、両膝がパキンと鳴るようになった。

特に右脚を曲げると、バキッ!という音が教室中に響き渡って、クラス全員に振り返られる程、大きな音がするようになった。

そうやって、膝の鳴る音量が大きくなるにつれて、膝に痛みが出てきた。

部活はバスケ部に入っていたけど、二年生の秋頃には膝の痛みが理由で退部した。


部活を辞めてから痛みは少し治まって、何事もなく中学校を卒業した。

高校に入学し、部活には入らなかったけど、毎日往復10kmの自転車通学は膝に負担が大きくて、徐々にまた痛みが出てきた。

そしてついに痛みに耐えかねて、高校三年生になってすぐ、初めて整形外科を受診した。


膝の音と痛みの原因はおそらく、半月板の奇形のせいだろうという診断だった。

説明を受けた内容は、半月板というのは、本当は三日月形をしていて、横から見ると、競輪場みたいに内側が低く、外側が高くなっているものだけど、膝を曲げて音が鳴る人の半月板は、本当に半月の形をしていて、内側が薄くもなくて、余計な部分が大腿骨の軟骨とぶつかる。そのせいで音がする、というものだった。

要は、私の半月板は「板付蒲鉾を切ったような形」をしているということ。

その余計な部分が大腿骨と擦れ合って、大腿骨の軟骨が擦り減って痛んでいて、このままでいくと、三十歳の頃には八十代のおばあちゃんみたいな膝になって、人工骨を入れなきゃいけなくなると言われた。

このままだと、足が痛くて歩けなくなるんですか?
医師
そうだね。
手術して、半月板の余計な部分を切除しないと、半月板も大腿骨の軟骨もなくなって、骨と骨がぶつかることになるよ。
じゃあ、やっぱり手術しなきゃダメですか?
医師
今、半月板の切除手術をしなくても、このままだと三十歳くらいには人工骨を入れなきゃいけなくなるかもしれないし、どっちにしても、手術は必要になるかな

まただ。


この時、ふと頭に浮かんだのは、中学一年生の時に虫垂炎の手術をした時のこと。

ただ痛いから何気無く受診したのに、いきなり手術が必要だって、思いもよらない現実を言い渡されて愕然とするしかないこの感じは、経験がある人にはよく分かると思う。


嘘でしょ……マジで?


手術しなくちゃいけないことを、その場ですぐには受け入れられない。

手術が必要だって言われた時は、いつも同じ気持ちになる。


なんとか手術を回避できないか


回避できないと分かっていても、悪あがきをしたくなる。

嫌なら無理して手術しなくていいよ、という先生からの一言を期待して、あれこれと質問をしてみても、同じ説明を繰り返し聞かされるだけで、結局は手術をするしかない。

渋々、手術を受け入れると、盲腸が破裂してる時みたいに緊急オペの必要がなければ、手術の日程を決めることになる。


私の両膝を手術する場合、片足ずつ行って、同じ手術を二回する、とのこと。

右脚を手術した一週間後、同じ手術を左脚にするから、トータルで三週間から一ヶ月の入院が必要になる。


ちょうどこの時、高校三年生で、季節は春。

これから大人になって、一ヶ月も休みを取って入院するのは大変になるから、高校生最後の夏休みを利用して手術をした方がいいという結論になった。


当時は、内視鏡を使って半月板を切除する手術というのができたばかりで、その手術を考案した先生がわざわざ、九州大学病院から来て執刀してくださることになった。

http://hosp.kyushu-u.ac.jp/shinryo/geka/05/index.html


夏休みに入り、日程通り入院すると、すぐに一回目の手術。

下半身麻酔なので、肩にめちゃくちゃ痛い筋肉注射をされる。それから、手術台に背中を丸めて寝て、脊髄注射。

みんなの読んで良かった!