第37章♡ホントは誰もが願いを叶えたいの♡シンプル&ミニマムな行動心理学

 (・㉨・)✿人間は「欲望」が絡むと「危ない」と言われてもやるもの

イメージ 1

「人間は「欲望」が絡むと
「危ない」と言われてもやるもの」
一見するとなんか「良くない」文面風に感じますが
「欲望」という文字を「願望」「希望」に書き換えると
「人間は「希望」「願望」が絡むと
「危ない」と言われてもやるもの」
ただ今 友人と「願望ノート」をつけています。
「願望」をただ言っているだけでなく

言ったことを忘れないように
「可視化」できるように書き留めておく
書き留めたことが叶うように「行動」するため
そして「できる」と決め「確信」したらできるし
「失敗」したらどうしようと思ったら「失敗する」

ここで大切なことは
「できる」の意味は
「できて当たり前」と考えるから
「できなかったらどうしよう」とも 考えるわけで
「できなくて当たり前」と考えると「できた」ら
「できたコト」全てに感謝し
「人生 何度もリベンジや挑戦」し続ければ良いと
過去「失敗」したコトや 
やる前から心配や不安にフォーカスしなくなるし

そもそも 人は
「物差しが高い」から「罵倒」しダメ押しになり
「低いところ」なら褒めるし感謝することばかり
自分の中の「できる」という「確信」とは
やり続けて「小さな成功」を重ねていくことである
全ては「ダメ元論理」であり  
これが「行動心理学」の背景と効用である


「できて当たり前」という考え方を捨てる 
         The『捨』(・㉨・)✿

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。