第百十一章 心の中に平和のとりでを築かなければならない(1)

1 / 2 ページ

第百七十一章

心の中に平和のとりでを築かなければならない(1)

 私のおばあちゃんは怖かった。小学生の私が母屋に行くと、いつも火鉢のそばで

「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」

 と唱えていた。

 父が亡くなって、若い父が三人の兄と一緒に写っている写真が見つかった。そのうち二人がフィリピンのレイテ島で戦死していた。おばあちゃんは、息子が二人亡くなって悲しみのあまりいつもお経を唱えていたのだろう。

  I was a little bit afraid of my grandmotherbecause whenever I saw her, she was chanting a sutra.

  After my father died, wefound a picture of my father who stands with 3 brothers.  They were killed in the war.  Probably my grandmother was chanting a sutrabecause of the sadness.

 

 

 

  自分も父親になって、子供が亡くなることの悲しみが少しは分かるようになった。この世は、目に見えていても見えていないことがたくさんある。父は中国の戦場に送り込まれたそうだ。そこで何があったのか、息子である私に何も語らず亡くなった。

  I became a father with 3 children and canunderstand the sadness.  In this world,we have a lot of things which we can see but cannot see.  They say my father fought in China.  He didn’t tell me anything about hisexperience and died.

  言えないようなことがあったことは想像できる。息子にだけは、良い父親でいたかったのだろう。私も子供たちには良い父親でいたいから気持ちが分かる。バツイチになって、良い父親になりそこなったが。

  There must be many thingswhich he could not tell to others.  Hemust want to be a good father to us.  Ialso want to be a good father to my children. I failed in it because we separated. 

  高校の時にユネスコ憲章を読んで、「教育学部」に行こうと決意した。

戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。    (ユネスコ憲章 前文より)

  あれから40年。私は目標どおりに「先生」と呼ばれる仕事をしている。初志を貫徹しているだろうか。

  とても、そう思えない。

  When I was a senior high school student, Iread UNESCO constitution.

Since Wars began in the minds of men. It is in the minds frommen that the defences of Peace must be constructed.  (UNESCOCONSTITUTION)

みんなの読んで良かった!