メンバー全員うつ病!の会社をつくって、12000ユーザーを獲得した話

1 / 9 ページ




 気がつけば、プライベートも仕事もうつ病の世界にどっぷりとつかってしまった

僕がうつ病の世界に足を踏み入れたきっかけを記そうと思う。





まずは、発病する話だよ


大学も中退しているし、仕事を探さなければいかん、という訳で、ぼくが選んだのは当時流行っていたケータイサイトを運営する会社だった。ぼくの会社選びの基準は「政治よりもよりビジネスに近い文化がある業界であること」「さらに、最も若い業界であること」の2点。




ジェインジェイコブズというアメリカの思想家・活動がいる。彼女は著書「アメリカ大都市の死と生」でル・コルビュジエに代表される計画的に設計された街造りを否定した人物だ。




ぼくが好きな彼女の本「市場の倫理・統治の倫理」ではざっくり言うとこんなことがかかれている。世の中の組織や思想は大きくふたつのカルチャーに別れる。市場と政治だ。そして、それぞれの文化では、規範となる倫理体系が真っ向から対立する。たとえばこんな感じ。





市場:契約を守り、ひたすら工夫して、win-winで取引しよう

政治:縄張り/伝統/上下関係を重視し、ゼロサムで取り合おう




会社で言えば、重厚長大な大企業、あるいは中小でも歴史の長いところは政治寄りの倫理体系が強いだろう。


ぼくは性格的にも政治的カルチャーには全く向いていないと判断したのだ。

また、せっかくだから、上役がつまっていない、新しい産業に行ってみようと思った。それはつまりIT業界で、さらにその中で新しいとなると、必然的にかどうかはわからないが、ケータイサイト運営会社だった。




結局選んだ&受かったのは、スポーツのサイトその他を運営する企業だった。




最初に驚いたのはパソコンにフロッピーディスクの入口がないことだった。ぼくのパソコンの知識は中学生の時のままだった。大学時代にレッツノートをもっていたが、なぜだかUSBメモリを使ったことがなかったのだ。


みんなの読んで良かった!