プロフィール

自分を漢字一文字で表すと「変」そして「愛」


あなたを漢字一文字で表すと?

という問いかけに、十年近く前に出会いました。

その時から、迷わず「変」と思い浮かべます。


私は自分が大好きで、自分みたいな人に一人でも多く出会って、人生を楽しく、感動しながら生きていきたいと、強く望んでいます。

私が自分を大好きなのは、忍耐強く、努めて明るく思考しようとするし、親切で優しくて、嘘をつかなくていいように生きようと決めていて、向上心を持ち、成長が幸福をもたらすと考え、愛ある生き方を貫いて生きていきたいと願っていることを自分で知っているからです。

もしこんな人が目の前に現れたら、性別問わずに瞬間的に大好きになるし、一生付き合っていきたいと渇望するでしょう。

ところが実際は、自分と似ている人となかなか巡り会えずに今に至ります。


出会いは人生を大きく変える、本当にそう思います。

むしろ大きな人生の転機は、そのほとんどが「出会い」によってもたらされると考えています。

2003年、ちょうど携帯でホームページが作れるようなサービスが流行り始めた頃に、素敵な人と出会って、人生を変えたいと望み、なんの知識もないままに男子禁制のホームページを作りました。

同時にそこで下手くそな携帯小説を書き始めて、毎日500pv前後のアクセスがある程度の小さなホームページでしたが、そこでは思っていた以上の人数の方と交流ができました。

今はもう、そのホームページは閉鎖していますが、そこで出会った誠実な四人の友達との繋がりは、今の私の人生を支えてくれるものになりました。


私が自分を「変」だと思うのは、あまり似ている人を見かけないからです。

女性の大多数の人が結婚と出産を望む中、私にはその願望が幼稚園の頃からハッキリとありませんでしたし、あまり人が経験しないようなことをいくつか体験していて、そもそもの話が合わなかったりします。自覚はありませんが、もしかすると変わり者なのかもしれません。

今では違いますが、女の子が女の子らしく扱われると喜ぶのものだろうけど、そうされると馬鹿にされているのかなと感じたり、どこか感覚もズレていた気がします。


それに、誰憚らず「愛」を語るあたりも、変だと思う理由です。

人生の目的を幸福と決めた瞬間から「愛がなければそれは成立しない」と考えています。


朝起きる理由、ご飯を食べる理由、働く理由、生きている理由、その全てが幸福へと繋がっている。

ならば、友達と話すのも、恋人と過ごす時間も、人と出会ってやり取りする全てが幸福に即結していて、愛なくしては成立しない。

瞬間瞬間、愛と幸福が同時に存在して生きることが、私の人生を幸福にすると考えているのです。

なので、私はどこを切っても愛の塊で、そんな私が口を開けば、愛を語るしかないのです。

ウザさも突き抜ければ「愛の伝道師」とかいう恥ずかしくも輝かしい称号を、友達にもらえたりします。とても誇らしく思います。自分が大好きで仕方ありません。私は幸せ者です。


自己ルーツ


仏法では、人間の傾向性は過去、現在、未来と永遠に変わらないと説かれているよ。

だからいつも似たようなことで人はつまづく。

人間関係が苦手な人は、人間関係で、自分の性格で悩んでる人は、性格で。

それぞれに毎回同じことで悩んでいるから、同じ場所をグルグル回っているように見える。

だけどそれを横からみたら、螺旋階段を昇るように、上に上がって行ってるんだよ。

人はそうやって成長するんだよ。


この言葉は、人間がたどる成長の本質を端的に捉えていて、中学生にも理解できる簡単明瞭な思考法です。

螺旋的発展の法則

ドイツの哲学者ヘーゲルも、弁証法も、何も知らなかった中学二年生の私は、言われたことを頭の中で映像化し、それを理解し、覚えるというよりは、衝撃を受けて命に刻み込まれました。

人はしばしば、真実に出会った時、衝撃を受けるのではないでしょうか。

目から鱗が落ちる、その瞬間は、忘れずに鮮明に覚えていたりする。

これを教えてくれた人がいたことが、今の私を作る土台の一つになっています。


未来に向かって


ニュースでは毎日、世界と日本の経済の破綻をほのめかし、人々の心を暗くさせています。

ヒーローが世界を救ってくれるのは、物語の中だけです。

虚像の数字が世界を支配していて、生きていける気がしない人が多くいるでしょう。


でも本当は、デフレインフレ言っている間にも、朝が来れば太陽は地球のあらゆるものに光を注いで生育してくれているし、海は沢山の命を生み出してくれているし、地面は刈りきれないほどの食物を生み出してくれています。

命だって、心臓が動いてくれていて、肺が呼吸してくれて、内臓も勝手に動いてくれて、泣き言を言っていても笑っていても、遊んでいても寝ていても、ちゃんと自分を生かしてくれています。

「生きていればなんとかなるし、どうにかなる」斎藤一人さんもそう言われています。

必要なこと、勉強、新たな挑戦、未来への準備をちゃんとしながら、悲観せずにいられる行動をとった上で、幸福に生きていきたいものです。


まあ、嫌いな人も勿論いますが、だからと言ってその人達が不幸になればいいのになんて思いません。

この星にいる全ての人が幸福でいられるように、そう願って今日も生きてます。


こういうことを本気でスラスラと言うあたり、私はやっぱり「変」そして「愛」なのです。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。