第百七十四章 私は感情になど興味はないby湯川(10)

第百七十四章

「私は感情になど興味はないby湯川」(10)

  たとえば、クラブ活動というのは一定数の中学生や高校生にとって参加したくないものだ。これは、日々中学生や高校生の愚痴を聞かされている塾講師の声だから確かなことだ。保護者も同じだ。全員が強制クラブに賛成しているわけではない。

  Some students don’t want to join clubactivities.  This is true because Ilisten to what they say in my school every day. Students’ parents are the same.  Imean some of them don’t like their sons and daughters join club activities.

  ネットで検索してもらえれば分かるが、教師もクラブの指導が負担になって授業の準備ができないという悲鳴に似た声をブログであげている人が多い。そういう声を受けて文科省も体育系のクラブ活動の練習日を減らす指導を行っている。

  Students must join club activities and have nochoice.  You can check it through theInternet.  Teachers also complain aboutit because they cannot prepare for the classes due to club activities.  The ministry of education strongly recommendsthat teachers give more freedom to students.

  その流れの中で地方自治体によってはクラブ活動の制限を始めている。

 Somelocal assemblies also try to change this rigid system.

筆者:渡辺敦司

部活の「朝練」の禁止は、是か非か……。中学校の運動部活動の在り方に関して長野県教育委員会が示した方針が全国的に報道され、話題になっています。しかし示された方針は、決して朝の部活動だけではありません。中学校の運動部活動はどうあるべきか、全国に共通する問題を投げ掛けているように思えます。

 

クラブ活動を支持する人が多いのは知っている。私も中学校は体操部にいた。だから、好きな人はやればいい。しかし、強制はやめるべき。自主的でない活動など意味はない。

「強制」になっているのは、自由選択にしたらクラブ活動が崩壊すると支持派の人たちは分かっているのだ。つまり、かなり多くの人たちが反対意見であることを知っている。

I know thereare some people who like the club activity system.  I joined one of the clubs.  If you like it, you join it.  However if you don’t like it, you don’t haveto join it.  That is democracy. 

People whosupport the club activity system knows that the system will be disrupted soon.  That means they know quite a few people opposethe system.

 

どうして多くの生徒、保護者、教師が反対しているのに少数意見など聞く耳を持たないという横暴が何十年も続いているのだろう。

 そんな小さな、当たり前の改革さえ出来ない学校という組織はとても民主的な組織と言えない。

Then why do theclub activities last long?  Students,their parents and teachers don’t like it but nothing happens.  School cannot be called democratic organization.

 

 私はSMAPが解散しようが継続しようが興味はないが、ジャニーズ事務所がブラック企業だということは分かった。退社しようとすると、脅しが入る。ここには職業選択の自由などありえない。

  芸能界がどういう体質なのか、世間の人もよく分かったと思う。

  I’m not interested in SMAP.  But the agent they belong to is so calledblack agent.  When they try to quit theoffice, they are threatened.  There is nofreedom of choice.  We knew it.

 

京都大学の受験票と成績開示クリックで拡大されます。  ↓

高木教育センター イン ニューヨークhttps://youtu.be/sCCEGYlgp20

 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。