第43章♡ホントは誰もが願いを叶えたいの♡シンプル&ミニマムな行動心理学~日記の書き方は「出来事」でなくその時の「気持ち」

(・㉨・)✿絶不調から救ってくれる日記の書き方は「出来事」でなはくその時の「気持ち」

    イメージ 1

大切なのは、出来事より気持ち。
絶不調から救ってくれる日記の書き方

http://www.mag2.com/p/news/140726/2

何度となく「日記」でなく
「日誌」を書くとか 耳にしますが

ただ「出来事」をつづるのでなく その時の」
思い、想い、考えたコト、気づいたことを
「記録」しておくことで

自分の気持ちやテンションあがるのは

「どういうコトした時 している時」とか

逆に感情的になるのは「どんな時」「どんな状況」とか

「自分」と「感情」という「気持ち」の
起伏、上げ下げや喜怒哀楽を 自分がわかっていると

「気をつけよう」とか「もっとやろう」とか

ブログ上の「非公開」や手書きの日記や手帳に
「書留めておく」と 頭の中をきちんと
いったん「可視化」できる

つまり「自分」が「自分の考えている」ことが
よく観えてきて
自分がわかるようになるのではないでしょうか。


ただ「出来事」を書くことは捨てる

         The『捨』(・㉨・)✿

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。