自分の気持ちに正直に心振るえる方へ行くと人生が変わるお話。②

前話: 自分の気持ちに正直に心振るえる方へ行くと人生が変わるお話。①


彼がいなくなったらなにもなくなっちゃった...


あ... 


あたしってなにもないんだなあ....


バンドももうどうでもいいし...


ほかに夢中になれる好きなことってあったっけ...?


なにも浮かんでこないや...


この先どうやって生きていったらいいんだろう...


....................................................。



思考回路が停止するほどに私にはなにもありませんでした。

そして、それが1番自分を苦しめていたことに気づきました。


夢中になれるなにかを見つけたい...!

見つけなきゃ...!

そじゃなきゃ、幸せになんてなれない!


なんて思ったところでそう簡単には見つかるはずもなく、

悶々として過ごす日々...



しばらくすると、自分の存在意義などを考え始めるようになっていました。



なんのために生きてるんだろう...


どうして生まれてきたんだろう...


どこに向かってるんだろう...


どこに向かえばいいんだろう...


つか、私は何者...?


....... あ ...、私、自分のことさえも解ってないんだなあ...



なにが自分を1番苦しめていたかに気づいて

深かった霧が少し晴れてちょっと歩けたけど、

ちょっと進んだらまた霧が立ち込めてきて、

たちまち霧がさらに深くなった気がし、

もうなにもかもがわからなくなっていました。


そんな状態に疲れ果てた時、

ふと、アメリカという言葉が頭に浮かびました。


ん...??? 

アメリカ...???


なんでこんな言葉が浮かんだんだろう...???


しばらく考えて思い出しました、中学の卒業文集に書いたあの夢を。



















アメリカ、行っちゃおうか?


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。