【第2回】 中学でいじめ、自殺、同姓からの告白、家庭崩壊、母のうつ病。その後、親族全員からの反対を押し切って大学進学した男子学生の話

1 / 3 ページ

前編: 中学でいじめ、自殺、同姓からの告白、家庭崩壊、母のうつ病。その後、親族全員からの反対を押し切って大学進学した男子学生の話

<第1回目からの続き>


中学時代、全くイケてないと思い込んでいた僕は

(イケてなかったのかもしれないけど、何故か中学時代はそれなりにモテた)

高校は楽しく過ごしたいと意気込み、精神的な高校デビューをした。

クラスのトップランナー(クラスで目立っているグループ)に属していた。

それなりに仲は良かったんだけど、ある日不良24人くらいに囲まれる事件が起こる。



その事件の時に、ふっと中学時代の嫌な思い出が蘇った。

中学時代の僕は、登校するたびに、不良に1日中追い掛け回されていた。いじめられていた。


ある日には、小学校時代の親友に運動場の白線の上に理由なく転げ倒され、僕の学ランは真っ白になった。(ヤンキーになったら思い出さえも消えるのか?)

ある日には、休憩時間にはTくんにビニル紐で首を絞められた。体が浮き上がり、爪先立ちになるくらいの力だった。

あの時14歳だった。「人生で一番辛いのは今だ。今を乗り越えれば、何かあるかもしれない」 

と心に誓ったはずだったのに、「今」ヤンキー24人くらいに囲まれてる。もっと辛い事が起きた。 


公園でヤンキー24人に囲まれながら、自分の人生を振り返っていた。

そもそも「自分は不幸な運命なのかもしれない」と思った。


僕が小6の時に、姉は不登校になった。 

それ以来、姉は引きこもりがちになり、夜な夜な出かけるようになる。 

パソコン画面に話しかけたり、自傷行為をするようになった。 


深夜に警察官と帰ってくるという事が幾度と会った。 

母が注意をすると、母を蹴り倒したり、家の窓ガラスを割ったり、 

都合が悪くなるとベランダから何かを叫んだりする。


僕には忘れられない夜がある。


ある夜、母がチラシの裏に「悪魔。」「帰ってくるな。」「消えろ。」「お前のせいだ」などと書いた紙を 

玄関や姉の部屋に貼りまくった。

「姉がこれを見ると傷つくなあ」と思って、僕はそれを黙って剥がした。 

このころの僕の生活する家庭は狂気に溢れていた。 


そういう事が起きてからというもの、両親の仲はいっそう悪くなった。 

姉がヒステリーを起こすと、母親は父親に「すぐ帰ってきて」と電話をするようになり 

父親は仕事があるので帰れない。帰ってくると「なぜ帰ってこないのか」という理由で母とケンカする。 


そして最後の夜だった。父親が姉に手を出した。


家中に姉の悲鳴、母の仲裁する声、父親の怒鳴り声が響いていた。 

僕は耳を塞ぎ、目を閉じた。こんなのは僕の家庭じゃない。 

幸せなんて感じられなかった。見つかるはずもなかった。


家庭では家族が毎日のように怒鳴り、中学へ行けば不良に恫喝される。 

居場所がなかった。 

大音量で音楽を聞きながらパソコンをする癖はその頃についたんだと思う。


そして中学3年の時、姉はネットゲームで知り合った男性と結婚し 

その後にすぐ両親は離婚した。 

ベッキー的な理由が原因だった。


父を信じていた母は、だんだんと体調を崩しがちになり、 

心療内科で鬱病だと診断された。 


僕と母しか家にはいなかった。母を支えるのは僕しかいなかった。 

母は18時間くらいベッドで横になってすごすようになった。

そんな状態でもお弁当を作ってくれて、(くそまずかったけど) 

洗濯や買い物にも言ってくれた母には今も感謝している。


ある日、夜の12時に寝室に行くと、薬の空き瓶が転がっていた。 

母親の顔色がおかしかった。 

起こすと呂律もおかしく、ヘベレケだったので、風呂場に連れていって吐かせた。 

1度目の、自殺を図った。


母は和歌山の親戚の若い女の子によく電話をしていた。同じ鬱病だそうだ。 

ある日、彼女は自殺した。睡眠薬を大量服薬したらしい。


それ以来、鬱病は遺伝だから、私もいつか自殺する。 

母は毎朝のように僕に言うようになった。


その時は知らなかったのだけど、僕の母の母も自殺していた。 

母はずっと寝ている状態になった。朝から夜まで、ずっと寝ている。


ある夜(そしてまたある夜)、パソコンで遊んでいると、包丁を取り出す音(カチャっていうやつ)がした。 

何か作っているのかなと振り返ると、母が包丁に向き合っていた。


文春の記者も驚くくらいの速さだった。「なにしてんだよ!!!」と叫んだ。 

それと同時に、母が倒れこんだ。「自分で刺した。刺さった。」と思った。 



ささっていなかった。母は泣き崩れ、僕に何度も何度も謝った。 

「別にいいよ。大丈夫でよかった」と言っているのに、繰り返し謝った。

抱きしめてといわれたので、(え、いやだなあ)と思いつつ、力強く母をハグした。 

この時が人生で一番怖かったし、悲しかったと思う。(悲しみは後からだけど)



その事件の後、母は元気になった。が、異様な元気さだった。 

躁うつ病のSOの状態だった。これはひどい、と思った。

インド雑貨にはまり、オデコにインドのアレをつけて出歩いていた。 

家に遊びに来た高校の友達にも、「ハロー」と声をかけたりする。



ついにはパートで貯めていた100万円を使って、お店を開くと言い出した。 

「100万円じゃ無理だよ。考えろよ」という説得にも聴かないので、 

俺に迷惑を絶対にかけるなという制限つきで、岡君の家の近くに店を出した。 

1ヶ月で廃業した。



理由は簡単で、100円均一で仕入れた商品を300円で売り、 

アポロビルのアジア雑貨の店で買った商品を1万円くらいで転売してたからだ。 

考えが浅すぎた。



話を突然戻すんだけど、ヤンキー24人に囲まれた後、


僕は一人のイケメンにボコボコにされた。 

和解交渉をしかけようと、話しかけたとたんにパンチが飛んできた。

そして顔中が血だらけになり、みっともないと分かりつつも ヤンキー集団の中央に僕は舞い戻った。

(こ、これ以上攻撃されたくないから痛そうな顔のままいよう!) 

と超合理的な判断を瞬時にしていた。 

平気な顔をして(顔は血だらけ)「ほんま、すんませんでした。へへ」と言い続けていた。


そしたら意図がバレたのか、「気持ち悪いから、顔洗ってコイヤ!!!」と切れられる始末。 

トイレで血だらけの顔を自分撮りをした。初めての自分撮りだったから少し緊張した。 

相当盛れた。#写真欲しい方いたら上げます


その後、喉が渇いたと言うと、全員分買ってこいとか言われて全員分買わされた。 

母親がインド雑貨屋を失敗して、100万円を失った直後だったから、凄く辛かった。 

俺んちは金が無いのに、この子達になんで俺は奢っているんだと心が痛む。


みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。