【第2回】 中学でいじめ、自殺、同姓からの告白、家庭崩壊、母のうつ病。その後、親族全員からの反対を押し切って大学進学した男子学生の話

1 / 8 ページ

前編: 中学でいじめ、自殺、同姓からの告白、家庭崩壊、母のうつ病。その後、親族全員からの反対を押し切って大学進学した男子学生の話

<第1回目からの続き>


中学時代、全くイケてないと思い込んでいた僕は

(イケてなかったのかもしれないけど、何故か中学時代はそれなりにモテた)

高校は楽しく過ごしたいと意気込み、精神的な高校デビューをした。

クラスのトップランナー(クラスで目立っているグループ)に属していた。

それなりに仲は良かったんだけど、ある日不良24人くらいに囲まれる事件が起こる。



その事件の時に、ふっと中学時代の嫌な思い出が蘇った。

中学時代の僕は、登校するたびに、不良に1日中追い掛け回されていた。いじめられていた。


ある日には、小学校時代の親友に運動場の白線の上に理由なく転げ倒され、僕の学ランは真っ白になった。(ヤンキーになったら思い出さえも消えるのか?)

ある日には、休憩時間にはTくんにビニル紐で首を絞められた。体が浮き上がり、爪先立ちになるくらいの力だった。

あの時14歳だった。「人生で一番辛いのは今だ。今を乗り越えれば、何かあるかもしれない」 

と心に誓ったはずだったのに、「今」ヤンキー24人くらいに囲まれてる。もっと辛い事が起きた。 


公園でヤンキー24人に囲まれながら、自分の人生を振り返っていた。

そもそも「自分は不幸な運命なのかもしれない」と思った。


僕が小6の時に、姉は不登校になった。 

それ以来、姉は引きこもりがちになり、夜な夜な出かけるようになる。 

パソコン画面に話しかけたり、自傷行為をするようになった。 


深夜に警察官と帰ってくるという事が幾度と会った。 

母が注意をすると、母を蹴り倒したり、家の窓ガラスを割ったり、 

都合が悪くなるとベランダから何かを叫んだりする。


僕には忘れられない夜がある。


ある夜、母がチラシの裏に「悪魔。」「帰ってくるな。」「消えろ。」「お前のせいだ」などと書いた紙を 

玄関や姉の部屋に貼りまくった。

「姉がこれを見ると傷つくなあ」と思って、僕はそれを黙って剥がした。 

このころの僕の生活する家庭は狂気に溢れていた。 


そういう事が起きてからというもの、両親の仲はいっそう悪くなった。 

姉がヒステリーを起こすと、母親は父親に「すぐ帰ってきて」と電話をするようになり 

父親は仕事があるので帰れない。帰ってくると「なぜ帰ってこないのか」という理由で母とケンカする。 


そして最後の夜だった。父親が姉に手を出した。


家中に姉の悲鳴、母の仲裁する声、父親の怒鳴り声が響いていた。 

僕は耳を塞ぎ、目を閉じた。こんなのは僕の家庭じゃない。 

幸せなんて感じられなかった。見つかるはずもなかった。


みんなの読んで良かった!