第48章人生な♡な♡い♡ろ彩(色ど)るシンプル&ミニマムな行動心理学✿「心がザワザワしてたのが、その言葉で、すーっと霧が晴れたよう」

1 / 4 ページ

イメージ 1

The『捨』(・㉨・)✿ もやもやする心 「心がザワザワしてたのが、その言葉で、すーっと霧が晴れたよう」

という「言葉」今見かけて・・・色々考えた



 生きいく中では

 心がざわついたり、  心がもやもやしていたり  心が悶々としたいたり

 心があっちこっちにいき  「心ここにあらず」

 つまり 心が「整っていない」状態の方が  ほとんどだと思います。

 そんな時に欲しいものは  

 「ぼやけていた霧がすうっと一気に晴れるような   言葉だったり出来事だったり」

 このイメージが つまり私にとっては

 予期せぬ何かに突然出逢い一瞬で状況が様変わりする

 雨の後の突然の気づいたら出現していた

 「なないろ」の虹


 何事でもそうですが・・・

 基本人間は「不快」が当たり前の中で  「快適」になりたい想い生きている

 しかし、善く言われるのが人は85~90%は不快という感情に  支配されて いる これが常に

 残り10~15%が快適である感情

 ということは100日あったに10日~15日以外は  「不快」が当たり前  ということ    そして、不快が常だからこそ「快適」であることが  当たり前ではなく  ありがたいと気づく

 100日のうち85日が快適なら人間は「快適」が当たり前で
 快適である状態をありがたいとは感じない

みんなの読んで良かった!