第50章人生な♡な♡い♡ろ彩(色ど)るシンプル&ミニマムな行動心理学✿スタンフォードの教科書で「 人生でしてはいけないこと」とは・・・

イメージ 1   

スタンフォードの教科書に

人生でしてはいけないことに

「敵をつくること」が書いてありました。

不思議と、人生って二度と会いたくない人と

なぜか「再会」してしまうもの。

これが ほんとうの
「引き寄せ」なのでしょうかね。笑

であるなら、うまく「すり抜ける」しかない。
ここでいう「すり抜ける」とは  
うまく「距離感」を保つということ。

私はこれが本当に「苦手」でした。
「嫌いは嫌い。大嫌い」を
態度に思いっきり出してしまう習性 

 人と自分の関係性を知り
うまく「距離感」の取る
これが「オトナ」というもので

自分の感情を出し
相手にそれ気づかれてしまうのは 「子供」 

人間分析学に出会い
人との関係性を事前に知り
合わないとわかったら
うまく「距離感」を保つか
間に「緩和剤」になる人を介して関わる

「感情」・・・それは 
今も昔も「そう感じる」のは
同じ人間なので
「嫌い」は「嫌い」なので
変わらないのです。

しかし だからといって
「態度に出してしまう」
そりぁ  人とはうまくやっていけない


自分がそういう素性があると
わかっていると
  そういう時は 対処は
どうしたら良いか 考えておく・・・

人間分析学は
「感情」のコントロール その中でも
いちばんよろしくない
「怒り アンガーコントロール」が
できる人が 人間関係も 
その結果当然 
仕事もうまくいく 当たり前のことです。

が 「怒り」で「失敗」する
自分の「素性」がきちんとわかり
「どうして」そうなる 
だから「どうする」が わかり

理解できると 「人」と関わりが
「苦手」とか「苦になる」ことが
徐々に解決されている昨今 
  「知り」「理解し」「活かす」

「人」に関して一番みが人は多いし
「人」の「問題」が解決すると
気持ちが清々くなり
前を向いて何事も取り組める

今「人」に悩んでいる人たち
「敵は作らない」ようにするには
どう考えてどうしたら良いか・・・

イメージ 1 
相手はもちろん変わりません。
自分が考え方を変えるしかない・・・


「敵は作らない」捨てる
      The『捨』(・㉨・)✿

著者のあっきー あっき~さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。