三大太郎

1 / 3 ページ

納得いかない。納得いかないよ。


何がって、浦島太郎ですよ。


いや、ここ最近 TSUTAYAで「マンガ日本昔話」を借りてきて、はな垂れ小僧真っ盛りの長男と観てるんですけどね。


その時に、ふと思ったんですよ。


「日本の三大太郎」と言えば、


桃太郎
金太郎
そして、浦島太郎


じゃないですか。


auのCM見ても分かる通り。


桃太郎は、


「果物出身の勇者が、きびだんごで言いくるめた鳥獣共と、即席のパーティ組んでボスを倒しに行く、古典的ドラクエ」


うん。まあいい。


次、金太郎。


「武士の坂田金時が、幼少時代に木で橋をかけたり、悪い熊を投げ飛ばしたりしたっつーエピソード1」


まあいいだろうさ。


で、問題の浦島太郎。


「子供にいじめられてた亀を助けたら、竜宮城に招待され、そこで乙姫っつーママにウハウハで接待されて家に帰ったら、すげー時間経っちゃってて、あまりに凹んだもんだから『お土産だけど開けちゃダメ』って乙姫さんに貰った意味分からん箱開けたら、一気に老けた漁師のお話」


ってオイ。


もうなんつーか突っ込みどころ満載だよね。


黒ひげ危機一髪くらい、突っ込みどころ満載。


まず悪役。


桃太郎「鬼」
金太郎「熊」
浦島太郎「いじめっ子」


ておま。

みんなの読んで良かった!