第56章人生な♡な♡い♡ろ彩(色ど)るシンプル&ミニマムな行動心理学」✿20世紀3大書籍の一冊「エクセレント・カンパニー」~「清浄」その2

1 / 2 ページ

  •                         
  • その1の続き

     結局・・・エクセレント・カンバニーだけに限らず

      8教訓の
         (1) 「行動」

            (3) 「自主性」自分で「自由」に考えて行動する

         (4) 「人」
     
         (5) 「価値観」 
     
         (6)  「基軸」

         (7) 「シンプル」

         (8)  「硬軟」 (しなやか&したたか)
      
      
     自分の10~12年の様々なトラブル体験から

     震災3.11の5年前に
    「悔い」がない人生決断し「自分探し」が始まり

     3年前に「自分知る」きっかけに出会い

     昨年一年間で「自分がきちんとわかった」ことを基本に

     自分が今とこれから大切にしたいコトと
     それらに選択と集中し深堀するため
     それ以外や「どうしでもいいこと」は「捨てる」コトを
     明文化し 実行しています。

     結局、自分が 自分の「棚卸し」してわかった
     大切にしたいことは
     「エクセレント・カンパニー」の
     8教訓の7つでした。


     というわけで 自分が「必要な時に必要に出逢う」と言いますが

     以前エクセレントカンパニーを読んだとき振り返り

     上辺だけ、流行だから、カッコイイからと「書籍」買ったことに
     
     自己満足していた私は その時の自分をずばり表している

     「イケイケな地に足がついていない私」でした。
     
     「中味」がない自分に寄ってくる人たちも到底知れていました。

     「中味」がない株に手を出した時期でもありました。
     
     そういうコトも「身を持って」振り返り反省・内省するためには

     「行動」「経験」「体験」から「体感」し

      自分が「失敗」&「試行錯誤」から

     あんなコト嫌だから「気を付けよう」と学ぶしかないということ

     一サイクルの12年前から今日まで自分に起きた様々な「出来事」は

     壮絶で、ジェトコースーターのようで

     いつのまにか気づいたら「スタート」に戻っていました。

     そうして痛い目に遭いつつ得てきた
     
      残った自分が今後「大切に意識すること」 として

     「気づいたこと」「学んだこと」は自分のお金という有形財産には

     変えられない大切な無形「財産」ということ


     自分をきちんと知り どうでもいいことは

     徹底して「捨てる」ことで

     「シンプル」に「身軽」になり 結果「残った」部分が
     
     自分が「大切」にしたいこと

     
     「捨てない」と「大切」なコトは見つからない

     しかし「捨てる」行動には

     自分の基軸を明確にするために

     まず「自分」をきちんと知る ということなしに

     「大切」にしたいことは見つからない のは

     「捨てることで容量を減らし新たに自分が
    本当に欲しいもの」を知り

     それを入れる「領域」を作るには「捨てる」ことで

    みんなの読んで良かった!