なぜあの時妹は手を離したのか・・今ではもうどうでもいい話だが記憶に残る話。

人生には鮮明に残っている記憶がある。

私が8歳、妹が3歳の頃の話。

母親から近くのお店に豆腐を買いに行ってくれと言われた。

仕方がなく妹の手を引いて片道徒歩4分の小道をぶらぶら。

大通りに差し掛かった時、妹は何を思ったか、急に手を振り払い全力疾走。

「キキキーーーーッ!!!」

大きなダンプカーが急ブレーキをかけ、妹の寸前で止まった。

一瞬時も止まったようだった。

そのあと、豆腐を買ったのか、どのように家まで戻ったのかは記憶にない。。

でもきっとこのような経験が、自分の今の自我を形成したのだろうな。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。