いっかん

1 / 2 ページ

鏡は「面」
兎は「羽」
蝶は「頭」


物の数え方。


じゃあ、寿司はなんと数えるかってーと、


貫(カン)。


なんだけど、この数え方が、またややこしい。


【ややこしポイントその 1】

寿司屋で「1貫」と言うと、


寿司 1個を意味する場合と、

一皿(寿司2個)を指す場合があるとのこと。


つまり、もし「100貫下さい」って言うと、100個か、もしくは 200個出てくる。


数の単位として、いかがなものか。


【ややこしポイントその 2】

寿司を「貫」と数え始めたのは 2002年頃からで、それ以前は普通に「個」だったらしい。


「貫」って響きがちょっと古風だから、てっきり江戸時代から脈々と受け継がれてきた数え方なのかなーと思ってたら、意外なほど新参者でした。


「貫」が産まれてから14年だから、人間で言うところの中二くらい?思春期です。


【ややこしポイントその 3】

そもそも何故「貫」と数えるのか、由来がはっきりしていない。


・海苔巻きなどの「巻物」を「一巻」と数えたから説
・重さの単位である「貫」から来た説
・江戸時代の穴あき銭「一貫」の大きさから来た説
などなど


うーむ。恐竜絶滅の理由ばりに諸説あるようだ。


誤解を恐れずに言うと、寿司の数え方ってのは、


「出処の良く分からない不安定な情報が、あたかも昔からあった事実のように認識されている」


ってことなんじゃなかろーか。


これからの未来は、誰も経験してないので分からない。


けど、

みんなの読んで良かった!