第百八十一章 とても見るに耐えない

1 / 2 ページ

第百八十一章

「とても見るに耐えない」

  どうして人は年齢を重ねると頑固になるのだろう。

  塾講師を始めた頃、私は学園ドラマの主人公のような熱血先生をめざしていたように思う。しかし、今は違う。現実を知ったからだ。学校のように不特定多数の生徒を集めると、玄関のガラスは割られるし、月謝は踏み倒されるし、教室内の問題集は盗まれるし、一生懸命に作ったプリントは帰りに捨てていく。保護者は

「月謝分成績あげろ!」

 と怒鳴り込んでくる。

 そんな毎日に疲れ果ててしまった。生活も不安定になり、受験指導どころではなくなった。

Why do peoplebecome obstinate when they get older? 

When I began torun my own school, I wanted to become a kind of hero like a main character inTV program.  But now I have a differentidea because I know the reality.

When I gatheredstudents and accepted all the students, some broke the glass of the door, didn’tpay their tuition fees, stole the reference books in the classes and threw awaypapers I made.

The theirparents cried

“Let my son get a good school record.  That is your job because I paid.”

  I have been tired of such life.  My school had a financial problem, too. 

 

  骨の髄まで

「学園ドラマは虚構だ。嘘だ。ろくでなしは教育不可能、矯正不可能」

  と悟った。そういう目で歴史をふりかえってみると、いつの時代もどの国にも凶悪犯はいて性善説など成立しない。

  I knew the TV drama was wrong andlie.  Bad students cannot be taught.  It is impossible to reform them.  Looking back at the past, we always had gangsany time in any country.  I don’t believein the view of human nature as fundamentally good any more.

 

  若い頃は無知だから夢を見ることができる。しかし、現実が見えてくるとろくでなしの犠牲になっている生徒が見えてくる。

「医者になって患者を救う生徒と、人殺しもしかねないろくでなし」

みんなの読んで良かった!