第61章人生な♡な♡い♡ろ彩(色ど)るシンプル&ミニマムな行動心理学」✿「自由」は「ホームベース」があってこそ・・・

02



ホームベース。

僕は3歳から母から書をたたきこまれた。


それから他の書家の書や古典、 自由な書の世界へ旅して、

でも僕にとってのホームベース。
ホームベースへの感謝をもう一度。


僕らは 自由を求めて外に旅に出る。
その時にホームベースを
ないがしろにしがちだけど


今一度 感謝しようぞ。








 おはようございます。


 今朝の「コトバ」ですが

 これ・・・この感覚 「わかる」って


 思ったのは 私も「書道」を長年やっていて  
 昨年 書道のステキな先生に出会い  
 「書道」再開しようと思ったけれど


 なぜか「その気」にならない「何か」って


 わからなかったけど


 上記読んでわかりました。


 スパルタな先生に  「スキル」を  
 叩き込まれた書道だったけれど


 それが「ホームベース」にあるから


 今度やる書道は  「自由」にこだわっている


 けれど なんか「自由」に
 しっくりこない「書道」に・・・



 子供の頃教わった先生は

 変わりもので強烈なカリスマ性発揮し


 「行列」のできる書道教室だった。


 スパルタで気分で発言行動する性格が
 今思えば偏っているが


 「実力」「指導力」は抜きんでてた。
 子供ながらに今でも華やかな実績の連続


 しかしである。


 その影には  
 「涙」流しながらの悔しい想いしながらの
 基礎基本技術を身体に染み込ませるための
 「場数」
 華やかさにかくれる「影」が存在していたら


 世の中 目に映るものは


 「完成品」


 華やかでカッコよくキレイで美しく


 しかし「そこに至るまで」は


 地道で、泥臭く、涙や汗があり
 基礎基本の反復という
 それなりの「一定期間」10000時間以上の時間を
 必ず費やしているもの


 だからこそ「自由」という言葉を口にする自分に
 いちまつの「不安」と「違和感」感じる



 「自由」の定義がそもそも  
 感覚で「わからない」のである



 ホームベースへの感謝を
 もう一度


 ホームベースあってこその  
 幸せな自由ライフスタイル



 そう過去自分がやっていた書道に
 素直に「感謝」すればいいのである


 そして今度は
 「幸せ」で「自由」に「書く」ライフスタイルに
 「書道」の 「立ち位置」を持っていけば


 「素直」そして「真心」  


 「白」と「黒」の  
 「彩」り の 書道にも  
 「意味」を感じる  


  色々「捨てる」と

 「自分」と「対象」との「向き合い方」が

 見えてくるもの


  The『捨』(・㉨・)✿絶賛発信中



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。