口裂け女児 ストローで愛情を感じた話

がつぅぅ~~ん!!

保育園児の頃の話し。

園庭で外遊び中の出来事。

走り回っていた私は、友達の頭と衝突し、一瞬にして唇と歯茎の間が裂けた・・・。

もはやしびれにより痛みは感じず、生ぬるい流血の感覚だけあった。

母親が駆け付け、近医にて縫合。

しばらく保育園は休んだ。

「はい。ふぅ~~っ。」

そこから毎日、父親によるストローでの食事と投薬が開始された。

まるでスズメの餌やりのように。

始めの5日間くらいははすごく腫れるからね。ストローがぎりぎり入るくらいしか口が開かない。。

母と父は、野菜などの固形物をゆでで潰して離乳食のように加工し、

毎食、毎日、

「はい。ふう~~っ。」って感じで。

粉の薬は、ふう~~っとやられるとむせる。

むせて咳き込むと傷口が痛い。この方法は嫌いだった。

5日間くらいすると腫れは少しずつひき、あとは小さいスプーンで食べられるようになった。


結局、おてんば少女の幼少期の事故はこれだけに過ぎず、雲梯(うんてい)から落ちたり、

自転車に乗って車とぶつかり空中2回転したりとその後も続いた。

おそらくこの時に、脳の組織が一部負傷したと思われる。

時を経て、小学校後半から、急に頭を縦に振り始める癖が出現したからだ。

その後は続きで。





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。