僕が思う自由人なライフスタイルとは?

1 / 6 ページ

サラリーマンとして僕が働いていた頃

僕は、朝6時半に起きて

スーツを着て、満員電車に揺られて会社に着いて

20時まで残業をして帰る生活について



「これが普通」だと思っていました。

僕の両親だってそうだったし

当時の友人や会社の先輩・上司だってそうでした。



なので、僕の周りにはその生活が「当たり前」の人しか

いなかったので、当時の僕は自由について



「休みの日に、自分が好きなところに出かけたり

好きなことを出来る生活」が、自由だと思っていました。



もちろん、友人や家族、会社の人もみんなそう思っていたと思います。



限られた資金の中で、お金の使い道を決め

限られた時間の中で、旅行や自分の時間の使い方を決めていました。



それが、サラリーマン時代の僕には「これが自由」だと思っていたのです。



そして現在。

僕にパラダイムシフトが起きました。



僕は、自分の行きたい場所で

自分のやりたいことをしながら

好きな仕事を好きな人と一緒にできています。



そこには時間や場所の制約はなく

全てを自分で決めることが出来る世界がありました。



そして、僕の周りにいる人等も同じようなライフスタイルを

みんなの読んで良かった!