第62章人生な♡な♡い♡ろ彩(色ど)るシンプル&ミニマムな行動心理学」✿「彩」=「色」取り♥ˇ◡ˇღ)

イメージ 1
「彩」/イロドリとは「色取り」つまり「色」

「彩」/イロドリ とは
「色取り」のこと つまりは「色」

 色々「捨て」て
 どんな「イメージ」の幸せや豊かさが

 欲しいか 考えると

 昨年中頃までは「なないろ」なイメージと
 思っていましたが

 昨年末から「今年」に入り
 「彩」がやたら気になり

 「彩」とはつまり「色取り」「色彩」のこと

 「色」を意識し取り入れること

 「色」とは
 「色彩」だったり
 「色気」だったり

 あと自分の「強みや特性や素質」を
 「自分色」というが

 色々な意味を持つ

 「色」が私にとっては

 「幸せ」で「豊かさ」の「象徴」であり
 「充実」して「満たされた」気持ちになれるということ

 そしてその「彩」ある「ライフスタイル」が

 自分にとって落ち着き心地よい「位地」ということ。 が

 なんか「気になる」を
 追っていくとわかるのだけれど

 過去を検証して「起きた出来事」と
 その時の「気持ち」を

 きちんと振り返り、
 同時に今とこれから「不要」を

 色々「捨てた」からこそ

 「残したい」「そこにフォーカス」
 できるようになった結果

   今まで「なんとなく」が自分には多かった。

 「なんとなく」も「直感」だから

 それはそれで「選択」には大切な要素であるが

 その時は気持ちや直感で  
 なんとなく気になり  
 「ピン」ときたりでやってみたが
  続かないことも多い 

 が、それでも自分に本当にご縁があることは
 何かのきっかけで「再会」「再開」するもの

 これがつまり
 自分の「タイミング」というもので

 「色」&「彩」は
 私が24年前に
 かなりドンピタはまった世界

 24年経過して再び なんか気になる
 「色」を「意識」していると
 気づくと「彩」という言葉に

 「色」が進化していた。

   人間分析学では

 12年24年と違う形で同じテーマを
 繰り返すことが  
 自分の過去の検証からわかったが

 12年、24年のその間に
「経験」から学んだコトが加わらないと
 「自己成長」がない

 「色」の進化・成長が
 私にとっては「彩」だったのだろう

 「なないろ」を経由して・・・きっと

 「色」に比べて「彩」は

 「艶」や「オトナ」「オンナ」「美」「キレイ」を

 感じるのは偶然でない気がする

 「彩」は「エンリッチ」「リファイン」という英語

  「色」は「カラー」という単語

 そもそも 「いろ」という言葉は
 現在の「色彩」を意味する言葉とは異なり
  「心、心情」を意味する言葉であったと
  人の気持ちは「いろ、いろ」で  
 「色彩」に触れた時の心情、心象が

 「いろ」と云う表現、言葉になったと
 考えられていますね

 The『捨』(・㉨・)✿絶賛発信中

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。