忽然と消えたロードバイク

【き、消えてる俺のロードバイク】


マイスタイルコーディネーターひゆきです。

つい先日あった出来事です。


ちょっとした用事で吉祥寺まで出かけて、
用事を済ませて自宅に戻ると。

違和感があったんですよ。



なんとなく、物寂しい空間に。




あ!!



ロードが無い!!!



気が付きました。

ちょっと遅いのは、僕がボケていたから笑



あるはずのところに、僕のロードバイクが消えているんです。


同居している父に話すと。



「お前が乗って行ったのかと思った」


と言われたあとに、父外に出て驚く。



僕が出かけたあとに、降っている雨が雪に変わったか、

確認するために父が外に出た時間は3時。



僕が出かけたのが、2時前ぐらい。




どうやら、この1時間の間に家の前で鍵をがっつり付けて置いた、

ロードバイクが盗られたようです。



人通りは激しく、路駐も多い場所なので、

もはや誰が盗ったかは分からないし、

実際に下見があったかもしれない。


その後、部屋に戻り、

着替える前に家から110番に電話。


初めて鳴らす110番。



こちら警視庁ですと、壮年の声。


自転車を盗られた旨を話すと


「あらららら~、すぐに警察官を向かわせますから」


こちらの対応に共感してくれて、

すぐに警察官を派遣してくださった。


20分ぐらいで到着した警察官に事情を話すと、

懇切丁寧な対応をして下さった。


ありがたい。


どこかの事件の現場からすぐに駆けつけてくださったようで、

感謝。




ロードが無くなった瞬間、

僕は



手放す時期だったんだなあ

としみじみ感じ、

不思議と怒りや悲しみなどが一切出て来なかった。


こんなところ乗って行ったなあと思い出に浸る時間も。


盗んだ人には何かしらのことが起きてしまうのが世の常。



気の毒だったなどのお気遣いの言葉を、
Facebook上でかなりの人数の方にかけて頂いたのが、
嬉しいし、人間って素敵だなあと感じることが出来た体験でした☆





ラッキーな体験ばかりの
ひゆきの普段のワクワク生活

著者の石井 雄さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。