失聴経験 11悲劇 1か月退社と振り出し

1 / 3 ページ

前編: 失聴経験 10東京都立大塚ろう学校
後編: 失聴経験 12デシベルダウン

接客業を辞めてから約2か月後に私は介護の仕事を見つけた。今までずっと接客業をしてきてが、聞こえなくなったので接客は無理だと思っていた。私は日商簿記2級等の資格を持っていたが何しろ電話対応ができないので事務の仕事は断られてばかりだった。


求人広告を見て面接や履歴書送付のアポイントまで漕ぎ着ける会社は稀で、大抵電話の段階で断られる。働きたい会社に電話をするだけでも緊張するのに出始めから「私は難聴です。」と言う気苦労は本当に大きかった。けれども私にとって聞こえないことは避けて通れない事実である。


私は障害者手帳をもっていないので自分が難聴であることを証明するには聴力検査表しかない。職安に検査表のコピーを持参したが

「そんなのあっても意味ない。一般人扱いだよ、一般人!」

と軽くあしらわれた。例えば障害者手帳を取得していれば、障害者採用枠で仕事を探すことができる。しかし健常者と同等に扱われないのにも関わらず、立場的には健常者である。こう言う対応の仕方に矛盾を感じるし、凄く厳しい立場だと思う。


新聞の折り込み広告を見て福祉施設で老人介護の仕事をすることになった。面接時に聴力検査表を持参して耳のことについてきちんと話し合い、採用の是非を決めるようにお願いした。その上で採用されたのだが働いてちょうど1か月になる頃のある日、突然休憩中に支配人にロッカーに呼び出された。まだ出来たばかりの新しい施設なので従業員のロッカーは空きが沢山ある。それなのに


「あなたの所に別な人が入るからロッカー移動して。」

と強制的に意味のない移動を強いられた。別な所に荷物を移し終えると色々と質問を受けた。聞こえないことは補聴器をつけて補っても補い切れない部分がある。どんな仕事でも同じだと思うが、周りのサポートがないと出来ない場面がいくつかある。それに対して私は正直に答えた。一緒に働く周りの人の理解・協力が必ず必要になる。私が話し終えると

「じゃあ31日付で辞めて。そうしましょう。」

と言われた。一瞬、意味が理解できなかった。

「えっ?こんなにあっけなく解雇?」

と思った。後は悔しさを堪えるのに必死だった。支配人は

「本当は施設では採用するつもりはなかったが、本社の方が採用すると言ったから仕方なくした。」

と言った。

その翌日は事務所の人間に1日中無視をされ夕方のミーティングでは私だけ発表を飛ばされた。辞めろと言われたのは3月3日で31までそこにいるのは耐えられないし、4月1日から新しい仕事を探すのは不利なのでもっと早く辞めようと決心した。


辞める当日、支配人は欠勤し朝のミーティングでは別の者が私は耳の調子が悪いから本日で辞めると虚構の理由を全体に述べた。一言挨拶までさせられて本当にバカバカしくて悔しかった。親会社に良い顔をする為に採用されて、テレビで見かけるような捨てられ方をした自分が情けなくて仕方なかった。


上の人間からは理不尽な扱いを受けたが一緒に働いている方には色々協力してもらった。急に辞めろと言われてどうしたら良いか分からない時に、一緒に泣いてくれた人がいた。私が聞き取れない時は、周りは繰り返して言ってくれたり身振りで伝えたりしてくれた。手話に興味がある人がいて簡単な手話を教えると喜んでくれて、私も嬉しかった。私が何回も同じ言葉を聞き間違った時に、掌に文字を書いてくれたおばあちゃんの姿が忘れられない。


聞こえないのになぜ対人の仕事をしたかと言えば、自分が聞こえなくなったことで将来は聞こえない人の為に役立つ仕事をしたいと思っている。(もちろん書くことも一生諦めない!)

介護の仕事をしようと思ったのは、もし聞こえない方が入所されたと時、手話でコミュニケーションを図れたら良いと思った。それと気持ちのどこかに福祉施設なら障害に対して理解してもらえるかも知れないと甘えがあった。福祉施設もサービス業である。

しかし障害者にも一般人にも属せない私にも働く権利・生きる権利はある。私のような人間の存在をもっと世の中に分かって欲しい。





今まで通院していた耳鼻咽喉科は、実は耳に詳しくないと知った。私が耳が悪いと分かっているのにマスクをしたまま話したり、耳の診察が終わってまだ補聴器をつけていないのに話しかけたりと対応が悪いと思っていたが、それなりの大きい病院だったので仕方なく通っていた。

けれども色々我慢できないことがあり難聴の知り合いに教えてもらった個人病院に行った。先生が明け透けに教えてくれて「別の病院に変わった方が良い。」と遺伝難聴に詳しい病院を紹介してくれた。

耳鼻咽喉科とは「耳」「鼻」「喉」と3つもあるので、実はその病院や医者によって得意分野があるらしい。それならば「耳科」「鼻科」「喉科」と分ければ良いのにと思う。

患者は必ずしも病院や医者の専門分野が分かって行くわけではない。約1年通っていた医者が耳に詳しくないと分かっただけでも良かったのかも知れない。

これは悲劇じゃなく喜劇かも知れない。

1から通い直しだけど幸い医療ミスにも遭わなかったし、まぁ良しとしよう。





みんなの読んで良かった!