手抜きママの意外な効用

「料理なんてやってみればできる」とずっと専業主婦の母から教わってきた。
根っから楽観的な性格の私は疑心暗鬼ながらもこの言葉を信じて〇十年間以上育ってきた。
今思えば、母は一部間違っている、というか想定違いだったのでは。結婚して3年。子供は2歳。なのに居酒屋やカフェに通い尽くした私が作る料理は、料理本やクックパッドのレシピを超えず、はずれはないが大当たりもないような。何もやる気がしない日は週に3日はあり、¨店屋物や冷凍食品が家族の生命線になっている。そんな、家事下手貧乏主婦は世の中に意外と多いのではないだろうか。
ただ結果、意外な効用も出てきているのだ。なんと夫の料理の腕があがり、自炊の意欲が芽生えた。さらに2歳の息子もキッチンに興味を持ち、準備をお手伝いしてくれるし、アニメのおばあちゃんが出てくる料理番組を喜んでみている!
今では息子をもこみちに育てて、料理を作ってもらうのが密かな夢となっている。

著者の横井 真理子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。