死亡フラグ

1 / 2 ページ

「まいりました」


将棋の世界で、「何をやっても自分の負け」であることを「詰み」と言い、


自分の詰みが明らかになった時、こう言って自分の負けを認める。


映画とか小説で登場人物が死ぬ時、直前のアクションが死亡への伏線となっていることがあり、これを「死亡フラグ」と言う。


将棋の「詰み」と同じだなと思ったら、急に独断と偏見にまみれた「死亡フラグ集」を作ってみようと思い立ったので以下に記す。


1. ところ構わずイチャつくカップル


 ホラー映画のお約束。女の方は無駄にダイナマイトボディだったりする。マリファナとかやってたら更に死亡率アップだ。


2. 折角苦労して主人公の背後を取ったのに、昔話とか自分の理想とかペラペラおしゃべりする悪役


 はよ撃て。


3. 「よし、手分けして探そう」


 一人っきりになるのやめれ。


4.「ここは俺に任せて、先に行け」


 スローモーションになったら 100%生存不可。


5. 女の人や子供が、居眠りとか不注意で前を見ていないトラックの前に飛び出す


 「危ない!」と女の人や子供を突き飛ばして助けた人が助からない。


6. 新技術や新発見の生物を、軍事利用とかお金儲けに利用しようとする。
 
 物語の終盤で、自分が利用しようとしていた兵器とか怪物にやられる。しかも大体一番えげつない死に方で。


7. 物語の序盤でとんでもない秘密を知り、誰かに知らせようとする。


 あと一歩で絶対間に合わない。だって間に合ったら物語終わるし。


8.「かかれ!」って言われた手下


 主人公には傷一つ負わすことなく昇天するが、身のこなしはキレキレ。受け身は芸術品。


9. 銃撃戦の時、マシンガンを腰だめで乱射する敵


 多分当てる気ない。同じ腰だめでも抜群の命中率を誇る主人公によりご臨終。

みんなの読んで良かった!