1日15時間・30連勤のブラック企業に3年半勤めた社畜が独立して感じたこと。

1 / 2 ページ

『一歩先は足場もない崖だと思っていたら実は楽園だった』


僕はこれまでの人生で一度も『人生の第一志望』というものに合格したことはなかった。

学校の成績もとりわけいいわけではなく、せいぜい中の上

スポーツはといえば、足が速いわけでもなく、男子中高生の平均値くらいだ。


クラスで最高でも最悪でもないどこにでもいそうな冴えない僕は世間で言う『一般ピーポー』というやつだったのだろう。


当時は特に劣等感というものもなかったので『どうせ自分は...』と無意識に諦めていたのかもしれない。

そんなごく平凡な人生を送ってきた僕だったがついに転機と呼べる時がきた。


『大学受験』だ。


僕は中学は地域の公立校で、高校も隣の市にある偏差値50くらいのところだった。

そんな『THE・平均人生』を歩んできた僕は大学くらい頑張っていいとこを狙ってやろうと決意したのだ。

なぜここにきて頑張って平均値以上の人生を狙おうと思ったのかははっきり覚えていないが、おそらく『いい大学=人生のステータス』というまぁ日本の学歴社会の風潮に洗脳されていたのだろう。


高校2年の春から進学塾に通い、3年になってからはほぼ毎日勉強していた。

多分、夕方5時に塾の講義を受け、深夜0時くらいまで自習室でこもって一人勉強していた。

学校が休みの日は16時間はやっていたと思う。


完全に自分はスーパー受験生になった気分でいた。

成績もどんどん上がっていき、第一志望は余裕のはず


....だった。


しかしあれだけ頑張った結果、第一志望の大学の全学部に落ちてしまった。

わけがわからなかった。

『あれだけやったのに...なぜ』


その悔しさと同時に

『どうせ自分は結局こんな人生なんだ』とふとあの言葉が蘇った。


結果、滑り止めで受けた三流大学に入学し、留年することもなく無事に4年で卒業できた。

親しい友達は多くでき、プライベートは充実していた。

しかし、遊びに夢中になりすぎていたのか勉強は全然してなかった。義務教育という檻から完全に自由になった僕は、授業はよくサボるし、そもそも大学に行かないことも少なくなかった。


テストはレポートを出せば平均点は取れるような授業ばかり受講したおかげで単位は取る事ができた。

昔からこういう無駄に効率がいいところだけは才能だったかもしれない。


大学3年の秋、ある一大イベントが始まる。


そう『就職活動』だ。


僕は就職して会社で働いている自分がどうも想像できなく、全くやる気がなかった。

大学生活が楽しすぎたのかいつまでもこうして遊んでいたいと思っていた。

ピーターパン症候群と言われてもおかしくないくらい。


だが周りの友人は就職活動に専念しているわけでしないわけにもいかなかった。

とりあえず基本的な活動はしてみた。

会社説明会に行ったり、筆記試験の勉強をしたり、しかしどの会社の説明会に行っても全く働きたいと思える会社がなかった。


『自分は社会不適合者なんだ』と本当に思っていた。


ただ周りに合わせて就活している感が半端ではなく、当然そんな気持ちでやってもいい結果が出ない。

またあの言葉が頭を遮った。


気付いたら僕は就活をやめていた。

完全に『ダメなやつ』の仲間入りだ。

自分のこの先の人生はどうなるのだろうか。

『ニートか』『フリーターか』それとも...


そして迎えた卒業式

周りはと言えば、大手企業に内定したやつもいれば、国立大学の大学院に行ったやつもいる。

そんなやつらを見ていると劣等感を感じずにはいられなかった。


涙と笑顔で満ちるはずだった卒業式に僕はウソの笑顔でできた仮面を被ってそこに立っていた。


楽しかった大学生活が終わる一方で、明日から何もない人生が始まる不安を感じていた。


桜舞う4月、テレビのニュースでは各会社の入社式が取り上げられていた。

期待と不安に満ちた多くの新社会人がそこには写っていた。


『自分は一体何をやっているのだろう』


そんなことを考えながら月日は過ぎ、気付けば蝉のなく季節になっていた。

アルバイトはしているものの、このままだらだら行けば本当にお先真っ暗じゃないかと思った僕は再び就職活動をすることにした。


それは『義務』でしかなかった。


義務教育から卒業したのに、義務社会へ入学したのだ。


とりあえず、何社か受け、なんとか内定をもらうことができた。

当然、一流企業ではなく、ごく普通の中小企業だった。


それでも僕は嬉しかった。

大学卒業後の人生と比べると天と地の差だ。

『これで立派な社会人だ』と胸をはって自分に言う事ができる。


希望溢れる社会に飛び込んだはず


だったのだが....


どうもおかしい。

みるみる体重は落ち、顔から生気はなくなり、気付けば廃人になっていたのだ。


こんなはずでなかった。

もっと生き生きと働き、立派な社会人てやつになるつもりだった。


勤務時間は1日15時間勤務が1ヶ月以上続き、会社で寝泊まりしている人させもいるくらいだった。

そう僕が入社したのは『ブラック企業』だったのだ。


・1ヶ月連勤当たり前

・残業代はもちろんなし

・ボーナスもなし

・昇給は1年1回の500円

・おまけに退職金もなし


素晴らしいくらいの労働環境だったと自分で思える。

もうネタでしかない。


こんな会社でも辞めなかったのは、『もうあの時に戻りたくない』と思っていたからだ。

夢に向かっていく友人と一歩も前に進んでいない自分を見たくなかった。

そのわけのわからない原動力のおかげで気付けば入社3年目を迎えていた。

その頃には僕には『ブラック企業の社畜』というブランドがついていた。


こんな会社でも勤続していれば環境も変わり、よくなるだろうと思った。


しかし僕の考えは甘かった。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。