桜が舞うと、母のことを思い出します

1 / 3 ページ


「これが最後の海外旅行になるね。」


母は、そう言っていた。


19歳の冬。


その、3か月後だった。


----


「とうちゃんの夢、決めたよ。」


お風呂の天井を見上げて、6歳の息子に話した。


30代の父となり、「将来の夢=職業」に、違和感があった。


「やっぱり、家族でたくさん海外旅行に行きたい。」


----


喫茶店を営んでいた両親は、休日もなく働いていた。


物静かな母は、趣味もなく、友達と遊ぶこともない中、数年に一度、私と姉を海外旅行に連れて行ってくれた。


「あなたたちと海外旅行に行きたい。その目標で、毎日を生きていける。少しづつ、頑張って貯金するね。」


公言通り、まさに母の「生きがい」だった。


----


19歳の冬。


イタリア旅行の身支度をしている時だった。


「これが最後の海外旅行になるね。」


と、母は言った。


知らなかったし、知らないフリをした。




3か月後。

みんなの読んで良かった!