司法試験に2度落ち、路上からキャリアをスタートした画家・田中拓馬が、NYで個展を成功させるまで。

1 / 4 ページ

ぼくがアシスタントを務めている画家・田中拓馬さんの人生が、現在、何らかの理由で苦しんでいる方たちの希望になると思い、ぜひ紹介したく筆をとることにしました。


※この先は、田中拓馬さんから聞いた実話を元に、代筆して物語を進めます。※


はじめまして。


NY、上海、シンガポール、世界各国を拠点に活動している画家・田中拓馬です。



世界数万点の応募の中からトップ1%に選ばれ、ニューヨークのタイムズスクエアで作品が放映、オランダの美術雑誌からの依頼で表紙を飾り、シンガポールのオークションでも落札。日テレのバラエティ番組「おしゃれイズム」の壁画を担当


上海では、700坪を超える敷地を持つ大手ギャラリーで日本人初の個展を4度開催。母校・早稲田大学に絵を寄贈。中国版ツイッターのウェイポーでは、1万人を超えるフォロワーがいます。


そして、昨年の7月には、念願だったニューヨークで個展を開催することができました。


ですが、わずか10年前には、司法試験に2度落ち、そのショックから体調を崩し、精神的にも肉体的にもボロボロの状態にいました。

今日は、最底辺の状態から、どうやってボクが這い上がり、世界を相手に活動するようになったかについて、お話せていただきます。


浦和高校→早稲田大学法学部→司法試験


僕は、東京都の下町、江戸川区に生まれ、埼玉県の中では、一番偏差値が高いと言われる進学校、浦和高校に進学しました。


自分で言うのも何ですが、勉強すれば自然と点数のとれる優秀な学生でした。


千葉大学が面白くなくて中退したいという経歴はありますが、無事、早稲田大学の法学部に入学し直すことができました。


3年生になった時に、弁護士になることに決め、1日16時間の猛勉強を開始しました。テープを2倍速で聞き続け、睡眠時間は平均4時間の生活でした。


そして、望んだ初めての司法試験。


結果は、、、


不合格。


当時の合格率は3%でした。


そもそも現役で受かる事の方が大変じゃないか。今までだって、何でも上手くいってきたし、大丈夫だろう。また来年もあるわけだし。


そう気持ちを切り替え、勉強に励み直しました。


そして迎えた、2度目の挑戦。

みんなの読んで良かった!