タクシー運転手に怒鳴っていた私がいつも穏やかで笑顔でいられるようになった話



私、鈴木賀葉(かよ)は[株式会社ここそら]で3つの事業をおこなっております


■エステティックサロン事業 coco/sora

■サロンオーナー向け事業 ココソラ

■飲食事業(準備中)







全ての事業において


”続いていく笑顔をつくる”


という理念のもとに全スタッフが志事(仕事)をしていきます





この理念にたどり着いたいきさつに、ひどい過去があるので^^;

今日はそれについてお話します.





代表である私、鈴木賀葉(かよ)は、お恥ずかしながら離婚経験があります。

離婚理由は、性格の不一致。

それでしかありませんが、やはり「離婚が決まるまで」の数か月は本当に精神的にお互いが苦しものです。


何でわかってくれないの?
元だんな
・・・・
私いっつも頑張ってるじゃん!
元だんな
・・・・


その数か月の間、当時会社員だった私は「イライラの連続でした」

それは相手が悪いとか、私に原因があるとか、そういう問題ではありません。






頑張っても頑張っても解決しないストレス

私は適応障害という状態に陥り、

一人になると、ただただ皿を割り続けるという行動を繰り返しました。


・・・・・
元だんな
ねぇ、お願いだから家財道具壊すのやめてくれない?
・・・・・(無視)





会社では普通にしていられます

おはよう~♪
同僚
おはよう~今日もごきげんそうだね♪
勿論~♪


実際に会社では辛くありませんでした。

私の適応障害に気づく人はいません。(気づかれちゃたまらない!)






しかし、ある日仕事でタクシーに乗りました。

ワンメーターの距離で1万円出したら、

運転手
・・・たく、困るんですよね・・・チッ(舌打ち)
は!?あなたプロなんだからおつり用意しておくの当然でしょ!

しかもあるんだったら、もっと気持ちよく出しなさいよ!!!(激怒)


その時に私は怒鳴りまくりました。

何かのスイッチが入ったように私はもっともっとたくさんの罵声をタクシーの運転手に浴びせました。





今ならわかります


何が正しいか


何が正しくないか


そんなことはどうでもいいのです。






私は自分の”ストレス”を相手に渡してしまいました

運転手さんはきっとイライラした気持ちになった事でしょう。





そのストレスを

次のお客様に繋げてしまったかもしれません。

事務所に帰って同僚に繋げてしまったかもしれません。

家に帰って家族に繋げてしまったかもしれません。






そうです。

現在の理念の逆。

”続いていくストレスつくる”

私はその根源となってしまっていたのです。







私は元々、友人やお客さまから

「賀葉さんに会うと元気になるわ」

「賀葉さんに会うとやる気が出るの」

「賀葉さんに会うと笑顔になれる」

そんな風によく言われていました。




そしてそれが独立開業することで私の使命なのだと気づいたのです!





独立して、”続いていく笑顔の根源となる”覚悟をしました。

この事業を通して、この理念で社会貢献をしていく事を決めました。





そのためには

いつも私が幸せでなければいけない





偽りの笑顔ではなく

本当の笑顔で。





これからも”続いていく笑顔”を次につなげていきます。





幸せだから笑顔なのではなく、笑顔でいるから幸せになる



そして、

幸せはいつでもだれでも今すぐになれる。

自分で決められる。

そのことをお伝えし続けます。



著者の鈴木 賀葉(かよ)さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。