何事も長続きしない半端な僕がたった1つの譲れない仕事感に気付けた話。-10万回の電話営業編-(3/3)

1 / 4 ページ

前編: 何事も長続きしない半端な僕がたった1つの譲れない仕事感に気付けた話。-転職借金編-(2/3)

投資運用会社への就職と営業マンの実態

2014年の4月、都内の投資運用会社への3度目の転職が決まった。

業務内容はとてもシンプル。


①電話帳にあるリストから個人宅に電話をかける。

②訪問の予定(アポイント)を取り付ける。

③商品案内をする。

④契約を結ぶ。


成果を出した分だけ歩合給が貰え、年齢役職関係なく成果に応じて賞与と昇格が決まる。

一般的に言う、外資系金融機関に勤める営業マン。

聞こえは格好良いが、その実態は中々ハードなものがある。




皆さんは、知らない会社から電話が掛かってきたらどうしますか?

○○さんこんにちは!株式会社〇〇の△△と申しまして、運用商品のご紹介でお電...
興味ないので結構です。(ガチャ切り)

そう、すぐに切る方が大半だと思う。物騒なことが多い今日の日本において正しい対応だと思うが、

こちらも胃がキリキリしながら電話をかけていたりするのが営業マンの実態だったりもする。


私が勤めている会社では、10年以上前の古い電話帳からあいうえお順に営業を掛けている。

因みに、一般的に電話営業を採用している会社ではもっと質の高いリストがあるのが普通なのだが...

その為、100件電話を掛けた時の結果の内訳は大体以下のようになる。


100件中...

【40件】:既に番号が使われていない。

【10件】:番号の持ち主が変わっている。

【10件】:判断能力の無いお子さんや高齢者の為、こちらから電話を切ってしまう。


この時点で既に全体の6割がアウトになる。


残り40件中...

【35件】:興味ない、結構です、ガチャ切り等々ほとんど会話ができず終了。

【04件】:何回か会話のキャッチボールが出来るが、投資という言葉を聞いて即切られる。

【01件】:会話が20-30分程続き見込み客の獲得に成功。たまにそのままアポイントが取れる。


因みに上記の結果は大袈裟ではなく寧ろ良い方である。

大体1日で400-500件の電話をかけ、平均で5000件に1件新規の契約が取れるのが

今までの統計上のデータである。

非効率で非生産的な仕事だと思いながら、これでも会社として数十年存続していたりするので

不思議だったりもする。


みんなの読んで良かった!