自転車

1 / 2 ページ

 



以前、盗まれたことを題材にしたが、今回は趣味性の強さをご紹介。


時はMTBブーム。


私もバイクを処分し、キックスケーターで駅まで通勤していたのだが(スーツにネクタイの人がハンドル付きのロングバージョンキックスケーターで、アスファルトを疾走してると結構目立つ)、そろそろローラーがすり減ってきて、お役御免なところだった。


そんなある日、会社の帰りに高島屋の脇に停めて在るはずのスケーターに乗って帰ろうとしたが、影も形も無い。


しかし、全然気にしなかった。


確かにレアなモデルではあったが、ゴミにするにも金がかかる。


しかもボーナスが入ったばかり。


浪費家の私は、休日のたびに自転車専門店を巡る旅に出る。


その無骨さから一目惚れし、カナダのノルコというメーカーの自転車を10万円弱で買ったが、ジャンルはジャンプバイク。


しかもフレーム設計は欧米人向けのサイズである。


身長163cm 体重55kg の私にとっては「重い」「大きい」「硬い」の三点ぞろい。


正直失敗した。


実は私が憧れていたのは、ストリートトライアル。


練習はしたが、筋力と体力がついていかなかった。


で、ネットで見つけたのが「カタヤマサイクル」。


これだ!!


と思った。


職人がひとつひとつ手作りでフレームを作っていて、アジア人向けのサイズだ。


素材にもこだわる。


コストは高くなるが、あえて 7N01-T6超々ジュラルミン。


みんなの読んで良かった!