自転車

 



以前、盗まれたことを題材にしたが、今回は趣味性の強さをご紹介。


時はMTBブーム。


私もバイクを処分し、キックスケーターで駅まで通勤していたのだが(スーツにネクタイの人がハンドル付きのロングバージョンキックスケーターで、アスファルトを疾走してると結構目立つ)、そろそろローラーがすり減ってきて、お役御免なところだった。


そんなある日、会社の帰りに高島屋の脇に停めて在るはずのスケーターに乗って帰ろうとしたが、影も形も無い。


しかし、全然気にしなかった。


確かにレアなモデルではあったが、ゴミにするにも金がかかる。


しかもボーナスが入ったばかり。


浪費家の私は、休日のたびに自転車専門店を巡る旅に出る。


その無骨さから一目惚れし、カナダのノルコというメーカーの自転車を10万円弱で買ったが、ジャンルはジャンプバイク。


しかもフレーム設計は欧米人向けのサイズである。


身長163cm 体重55kg の私にとっては「重い」「大きい」「硬い」の三点ぞろい。


正直失敗した。


実は私が憧れていたのは、ストリートトライアル。


練習はしたが、筋力と体力がついていかなかった。


で、ネットで見つけたのが「カタヤマサイクル」。


これだ!!


と思った。


職人がひとつひとつ手作りでフレームを作っていて、アジア人向けのサイズだ。


素材にもこだわる。


コストは高くなるが、あえて 7N01-T6超々ジュラルミン。


古くは零戦などの戦闘機などに使われていて、粘りがあり反発力も強い。


そして何より、溶接部分の強度が高い。



な・の・で、パソコンと同じく、全ての部品を組み合わせて、世界に一台だけの私のための自転車を作ることになった。


駆動系部品は全てシマノ製。


イタリアなどの有名高級メーカー品もあるが、シマノ製の部品精度や堅牢さ、整備性にはかなわない。


少なくてもシマノは世界で最も信頼される高品質な MADE IN JAPAN だ。


タイヤは、フロント26インチ2.35 リア26インチ2.6


さすがに太く粘り気のあるタイヤなので、スピードは出せないが、246の桜新町の下り坂なら40~50㌔くらい出したと思う。


ブレーキは前後8インチ(直径約20cm)の油圧ブレーキ。


指一本で恐ろしいほど止まる。ロックも容易。


リアハブは72ノッチ。


アルミリングガード。


720mmトライアルバー。


80mmストロークフォーク。


穴あき軽量化リム。


スポーク、フレーム、フォーク、共に特注色のマットブラック。


ダウンチューブに金色で龍のペイント。



いや、もう、しっくり来るったらありゃしない。


とにかくフレームサイズがアジア人向けなのと、重量が鬼の様に軽い。


公園やマンション、公共施設などを6ヶ月間遊び倒して…



盗まれました。


35万がパァ。

 

http://www.katayamacycle.com/index.php?main_page=index

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。