何事も長続きしない半端な僕がたった1つの譲れない仕事感に気付けた話。-新卒挫折編-(1/3)

1 / 3 ページ

後編: 何事も長続きしない半端な僕がたった1つの譲れない仕事感に気付けた話。-転職借金編-(2/3)

Storys.jpを利用した目的


こんにちは!

26歳の平成元年生まれ。横浜生まれの横浜育ち。

生畑目 星南(なばため せいな)です。


独立をすることを決意し、日々勉強中の毎日を送っています。

現在は投資商品を扱っている会社に勤める営業マンです。


はたから見たら凄い!と言われる経験では無いけれど、

僕が経験してきた経験から得た学びや気付き、

悩み苦しみも含めて共有することで、

同じようなことに悩み苦しんでいる人が少しでも何かに気付けたら

こんなに私にとって嬉しいことはありません。


ごくごく普通の生活をしているけれどなんかモヤモヤしている

サラリーマンの方や、人生に対して希望や活力が湧かない20代の方に読んで

いただけたらとっても嬉しいです。


念願叶った第1希望の会社への就職と挫折


 時は2012年4月。

 僕は希望と自信に満ち溢れていた。


20000人の応募者から内定者30名を決める為に、7回もの選考を経て

過酷な就職レースを勝ち抜き、第一希望の人材系企業に就職。

入社前の過酷な泊まり込みの研修も無事に終え、

30人の同期とお互いの活躍を誓い合い私は配属先である広島県に向かった。


"その人にとって「働く」時間が充実したものになれば

「人生」がより輝く。その為の役に立ちたい。"

私はそんな想いを胸に人材業界への就職を熱望していた。

何故ならば大学時代に様々な活動を通して、

仕事を楽しみながら生き生きしている社会人に沢山出会うことが出来たからだった。


3年で3割の人が仕事を辞めてしまう。仕事が辛く鬱を発症して退職する人が後を絶たない。

そんな暗いニュースばかりを見ていた就職活動を控えた僕にとって、

目を輝かせながら自分の仕事に対する想いを語る社会人はとても眩しくかっこ良く映った。


だから私もそういう社会人になりたかったし、

そのような人が沢山増えていく為に貢献できたら最高じゃないか!

そう想い、人材業界への就職を決めたのだ。


みんなの読んで良かった!