何事も長続きしない半端な僕がたった1つの譲れない仕事感に気付けた話。-転職借金編-(2/3)

1 / 4 ページ

前編: 何事も長続きしない半端な僕がたった1つの譲れない仕事感に気付けた話。-新卒挫折編-(1/3)
後編: 何事も長続きしない半端な僕がたった1つの譲れない仕事感に気付けた話。-10万回の電話営業編-(3/3)

藁をもすがる思いで会いに行った先

新卒で入社した会社で挫折し、気付けば会社を無断欠勤し

東京行きの新幹線に乗っていた。そこで会いに行ったのは大学生の頃から

お世話になっていた憧れの社会人Aさんだ。


Aさんはキャリアカウンセラーとして独立をし、大学でキャリアの授業を生徒に教えながら

大学生の就労支援や新入社員に対する研修などを生業にしていた。


Aさんとの出会いは、大学生の頃に所属していたサークルだった。

社会人を招いてセミナーを開くという企画があり、「ロジカルシンキングセミナー」

という一般的な大学生には到底理解し難い、内容だった。その時の講師がAさんだった。


その時のAさんの身振りや手振り、言葉の端々から感じる知性や仕事に対する情熱的な想い。

私はセミナーの内容だけではなくAさんの振る舞いに目を奪われていた。

「こんな社会人になりたい!」と心から思えた瞬間だった。


それからご縁をいただき、Aさんの会社のインターン生として社会を学びビジネスを学んだ。

全てが新鮮で本当に多くの出会いと経験を積ませていただいた。今でも本当に感謝をしている。



これから会うAさんのことを思い返しながら、新幹線に揺られていると

あっという間に東京に着いた。

Aさんに会うなり、私は自分がどれだけ苦しい思いをしたか、

どれだけ悩み葛藤したかを伝え続けた。私が話し終えるまでうんうんと頷いていたAさんは

私に向かって丁寧にこう言った。

この後メールで送る内容を見てその答えを考えて欲しい。私はこのあと仕事があるから終わったらまた近くで落ち合おう。その時までに真剣に考えて見て下さい。

そう伝えると、Aさんは次の仕事場に向かった。早速メールが送られてきた。

その内容には以下のような文章が綴られていた。

------------------------------------------------------------------------------

【キャリアの問い】

■現在のキャリア■

今の会社に入社した理由は?

今の会社でしたかったことは?

何故今この会社を辞めるのか?何があったのか?

今この会社を辞めることを自分はどう感じているのか?



■今後のキャリア■

自分が働くうえで何を大事にしていきたいのか?

人生において自分がキャリアの上で成し遂げたいことは何か?



みんなの読んで良かった!