【おっぱいセクハラ記】欲情の視線に耐える女の日々は、胸が膨らむ時期から始まる⑵

1 / 2 ページ

前編: 【おっぱいセクハラ記】欲情の視線に耐える女の日々は、胸が膨らむ時期から始まる⑴
後編: 【おっぱいセクハラ記】欲情の視線に耐える女の日々は、胸が膨らむ時期から始まる⑶

胸が膨らみ始めてからは、「お願いだからやめて。胸を見ないで」

毎日、そう思っていた。


人生で初めてのセクハラを受けたのも同じ時期。

家の二階を増改築していた時だった。


私は暗記物は苦手なくせに、衝撃的だった想い出は、鮮明に詳細に覚えている。


増改築のために、大工さんが毎日家に来ていた。

大工さんはおじいちゃんからお兄ちゃんまで数人いて、休憩時間になると遊んでくれたり、持っていったお茶菓子を食べなよとくれたりして、可愛がってくれてみんな好きだった


休憩時間にお茶を飲み終えると、いつも皆でバルコニーにタバコを吸いに行くのに、その日は1人だけタバコを吸いにいかないおじさんがいた。


「タバコ吸いに行かないの?」

「行かないよ。二人で話そうか」


私は嬉しくて手招きされるままに駆け寄って、ソファーに座っていたおじさんの隣に座った。


「おじちゃん怖い?」

「ううん。怖くない」

「おじちゃん好き?」

「うん。好き」

「おじちゃん、優しいやろ?」

「うん。優しい。優しいから好き」


笑いかけながら、手を握られた。

子供だから、手を引かれることに慣れていて、手をにぎられることには違和感を感じなかった。

だけどそのまま、握られた手を股間に持って行かれて、触らされた。


「何?」

「おじちゃんのここも怖くないよ」


何を言われているのか理解できなかったけど、へー、そうなんだ、と思った。


「おじちゃんのここ、怖い?」

「怖くないよ」

「おじちゃんのここも優しいよ」


そう言って、強く押し付けられて、ここでおかしいと思った。

どうしよう、どうしようと思っていたら、皆がタバコを吸い終わって戻ってくる気配がした。

それで、おじさんの行為はそこまでで終わった。


私は嫌な気分になって、急いで階段を駆け下りて、部屋に戻った。

みんなの読んで良かった!