【おっぱいセクハラ記】欲情の視線に耐える女の日々は、胸が膨らむ時期から始まる⑷

1 / 3 ページ

前編: 【おっぱいセクハラ記】欲情の視線に耐える女の日々は、胸が膨らむ時期から始まる⑶
後編: 【おっぱいセクハラ記】欲情の視線に耐える女の日々は、胸が膨らむ時期から始まる⑸

ここまで書くと、うちの母親は「愛情のない、デリカシーのない、ひどい母親」に映ると思う。

実際に随分と長い間、冷血でひどい母親だと感じて生きてきた。

だけど、主観は真実じゃない。


うちの母は、根っからの真面目人間で、努力家で、忍耐力も並大抵ではない。

不器用で、嘘がつけず、融通がきかず、女性だというのにゲームのキャラクターの「ゴーレム」がイメージとして浮かぶほど、ガチガチの昔堅気な田舎のおばさんというだけで、決して悪い人じゃない。


私には、独自の人間分類法がある。


私の中で母は、ジブリの「火垂るの墓」の登場人物の「主人公に辛く当たったおばさん」に分類されている。


主人公目線で言えば「辛く当たったおばさん」に違いない。


おばさんの実の子供の目にも「我が母親は、利己主義で人情味のない、ひどい人間」と映ったかもしれない。


世間ではそう捉えられる人物でも、今の私には「愛の塊」に見える。


自分の大切に思う家族を守るためなら、命をかける。

命も惜しくない程の、深く、激しい愛情だから、勿論、自分が他者にどう評価されようと、何も気にしない。


大切な存在を守るためなら、手段は選ばない。

守るという目的を達成することだけが、最優先事項なのだろう。


偏愛と言われれば、そうなのかもしれない。


けれど、苦しくなったら育児を放棄し、子供を捨てる人がいる世の中で、子供への絶対的愛が、全く揺るがない。


何がどうなっても、守ろうとしてくれる。

ある意味では、理想の母親なのかもしれない。


その一点だけでは、うちの母親は天下一品だと思う。


その他、子供をちゃんと見ること、信じること、笑顔を見せてあげること、声をかけること、優しくすること等、全くできていなくても、愛情が本物なのは間違いない。


この母の激しさは、相手にしてみないと分からないと思う。


小学生の頃か中学生の頃かはもう忘れたけど、誰かのタレこみで会社にマルサが入ったことがあった。

その時、母は烈火のごとく怒り、エプロン姿のまま仁王立ちして、国税局の方に怒鳴り散らして、ドン引きされていた。


とにかく母は、誰にも媚びないし、ビビらない。


誰を相手にしても、清廉潔白で、自分が正しいと信じ切っている自信からくる強さを、全力でぶつけて「壁は叩き割る」くらいの勢いで生きている人だから、真正面から受け止めるのは容易ではない。


みんなの読んで良かった!